占い、占術、占い師

占いの方法、占術としては、生年月日や姓名など、一定の固定された条件から判断するものや、手相、人相から、その人の価値観、人生観など、変化していくものから占っていく方法があります。

時代の流れによっても、それらの人気度も変わってきますが、実際に占い師の先生たちが占う際は、それらの織り交ぜ方や鑑定の方法はさまざまです。

だいたいにおいて、ひとつの占術だけで占うという形の方が少なくなっていく傾向にあるようにも思われます。昔から受け継がれている占術を組み合わせたり、占い師が独自に編み出したりした占い方法がたくさんでてきています。

占いというものは、科学的な実証が難しいものですが、それは目に見えない心の問題を扱うからです。複数の占い師の話などにも出てきますが、占いは、統計学と心理学をベースにしたカウンセリングであるという言い方もできるようです。因果関係だけではなく、悩みごと、迷っていること、困っていることを相談に来られた人が「なるほど」と思って初めて、心に変化が生まれるのだと思います。

占い方法も占い師も多様化していて、どの占いが良いのか迷う人も多いようです。でも、人生の物語を創っていくのは本人ですので、主人公はやはり自分なんだという気持ちは忘れてはいけないことのように思われますね。