姓名判断(その2)

姓名判断に用いられる5つの格数とは…

 

【天格(祖格)】

姓の総格数のこと。霊数は含めない。祖先運を表すとされます。一般に、晩年になるほど影響が大きくなると考えられています。この天格だけで吉凶を判断することは無いようですが姓と名それぞれの画数の関係性が重要だとされているようです。

結婚すると苗字が変わることが多いので、これによって天格、総格は変わることになりますね。

 

【人格(主格)】

姓の最後の文字と、名のはじめの文字の画数を足し合わせたもの。主運を示すとされます。姓、名の療法からの画数を見ていることから、姓名判断の中核をなすと考えられています。画数が同じでも、姓と名の比率によってその強弱が変わるので、これも判断要素になるようです。

人格(主格)は、人の内面を表すとされ、仕事運、家庭運、結婚運や、中年期における運勢に影響を与えると言われています。人格が吉数であると、物事を前向き、ポジティブに考えられる、積極的な活動ができる、自信にあふれた状態になれるなど、良い影響があるとされます。逆に、凶数であった場合は、物事をネガティブに考えてしまう、他人に対して妬みを持つ傾向、自信を持てないなど、悪い影響が出るとされます。

もともとは、性格面を示すとされるものなのですが、人の性格は他人と接触することで意味を成していくということから、家庭運や仕事運を深く関わるものと言われているそうです。