九星気学

九星気学というのは、生年月日の九星、干支、五行を組み合わせてできた占術です、方位の吉・凶を占うために用いられることが多いようです。

古くからある九星術という占術と、明治時代に、九星術を気学として体系立てたものとを合わせて、九星気学と呼んでいるそうです。

九星や干支が生年月日によって決まりますが、これをもとにその日の方位の吉凶を知ることができるとされています。

生まれた、年、月、日、時間、のそれぞれに、九星、干支があるのですが、このうちの年と月というのが、その人の運勢に大きく影響していると考えられています。

本命性は、生まれた年によって定まる九星。月命星は、生まれた月によって定まる九星です。

九星は、ある法則で各方位を循環していて、生年月日によって定まった九星と干支、これらの関係からその時の各方位の吉凶を占います。

九星というのを挙げてみます。どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。
一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星、です。

九星が巡回していく周期は、年については180年だそうす。スケールが大きいですよね。また、月の周期としては3年とされているようです。

九星気学では方位の吉凶を占うのですが、方法としては、占いたい日について、年盤、月盤、日盤からなる定位盤を、各方位に対応させて本命性の相性から判断するそうです。

風水などともいくらか関係がありそうですね。