主体的、能動的な姿勢を忘れず占う!

占いをするにあたって、何を知りたいかということをちゃんと自分で整理できているかどうか、というのは、実はとても大切なことのように思います。

私なんかの感覚でいうと、ちゃんとした占い鑑定をしてみようと思ったら、占い師さんのいるところにわざわざ出向いて行って見てもらうとか、ひと昔前であれば、夜とかに街角や商店街の片隅に、ぽつんと座っている感じの易者さんにみてもらったりとか、そういうのが占いの主だったものであったと思います。

いまは、簡単なものであれば、無料ででもインターネットでそれなりの占いは出来ますし、まぁそのくらいのものでよければ、それでもいいですし、もし、ネット上のものでも、ちゃんと会員登録とかすれば、相当に詳しい鑑定結果を見ることができちゃいますよね。

個性心理学の動物占いなんて、まさにそんな感じの占いの代表格だと思います。コンテンツはものすごい量ですもんね。

さらに発展させて、電話で占い師さんと話ししながら、鑑定してもらったり、遠隔的にヒーリングをしてもらったりするものもあったりと、ホントにいろんな方法を選べる時代になりました。

こういうふうに、いろんな選択肢ができると、以前よりもより自由であると言えるのですが、こういう時に常に付きまとうのが、迷うことが増える、ということでしょうか。

人間にとっては実は、些細なことでも、選択をするという行為は、ある種のストレスを引き起こすものであるとも言われます。

そのストレスを避ける方法として、自分では考えないっていう方法をとってまうこのともあり得るんですよね。

占いの種類はたくさんあるってこと書きましたが、たくさんあると、どれがいいか迷います。

そして、ある占いをしてみて、なんとなくしっくり来ない…なんていうことがあると、別の占いでもみてもらいたくなる…

そんなことを繰り返していくと、いま結構、占い業界で話しが出てくる、占いジプシーという状態に陥ったりしてしまうことがありますね。

だんだんと、何が知りたくて、何を見てもらいたくて、ということがボヤけてきてしまうようなことになりかねません。

私が思うに、占いをするときには、まず何を見てもらうか、そして、結果を自分で予想してみておくのはひとつの方法だと思います。

そうすることで、鑑定結果が告げられたときに、予想と占い結果を比較するという、能動的というか、主体的な作業が生まれます。

どんな形にしても、いくら見てもらうと言っても、自分で考えたりするという作業はどこかに置いておく必要があるんじゃないかと思うんですね。

自分が主人公なんだということを忘れないで、気持ちを落ち着けて占いをすることは、とっても大切なことなんじゃないかという気がします。

占い・鑑定であるが心理学でもあると。

占いや鑑定と、心理学とはどういうつながりなんでしょうかね。

というのも、動物占いは、個性心理学の体系、理論を親しみやすい形に表現したものであるわけで、占いと言われつつ、ベースは個性心理学、すなわち「心理学」とされているわけです。

占いというと普通に考えますと、先日も書いた、四柱推命とか、その他にも、姓名診断、12星座占い、血液型占い等々、いわゆる統計的手法で、とあるデータベースから読み解くような方法がありますよね。

人がこの世に生を受けてから、いろんな周期があってそれらの組み合わせなども含めて、今年の運気がいいとか、今年は塾講するのに適しているとか、統計的、あるいは、データベースから判断するものです。

これは、人を、ある意味、カテゴライズ、グループ分けしているような感じでもありますね。

この日、この時期に生まれた人は、こういう人が多いですよって。

こういうのを気にされる人は、たとえば、お腹にいるお母さんなんかで、帝王切開を予定されていたりすると、どちらの日が良いんでしょうか、といった問い合わせなどもあるようです。

ここまで浸透しているというのは、やっぱり何か、真実のようなものが垣間見られるのかもしれませんよね。

ただ、こういう場合でも、出産日に片方を選んだから良かったんだ、良くなかったんだ、とは、ひと口では言えないものだと思います。

生まれた日に、人生が決まってしまうのなら、極端に言えば、生まれてからの人生ってなんなの?って感じもします。

占いや鑑定というのは、それこそ、信じるか信じないかは…ってやつで、そこに、心理学という視点が関係してくるのだと思います。

信じてみよう、いや、忘れてしまおう、

ぶっちゃけ、どちらでも選ぶことができるんですからね。

迷いって人間誰しもあるものですが、うまい具合に占いと付き合えると良いなと思います。

むしろこれは心理学であると思うのもいいのかもしれませんね。

四柱推命のセミナー

先日のこと、妻が「この日、ちょっと出かけてくるわ」と。

何かと自分で興味のあることを探してきては、いろんなことに首を突っ込む妻ではあるのですが、今度は何を始めようとしているんだろう。

聞いてみると、四柱推命のセミナーに参加してくるというのでした。

我々夫婦、それほど占いに対して、好奇心旺盛であるということでもないのですが、このところ、いま結構ホットな「断捨離」とかにハマって、それがトリガーになったのか分かりませんが、風水とか暦とかに興味を持ち始めているよう。

シンブルライフというような発想は、私自身も好ましいと思っている方なのですが、嫁が物を捨て出すと、自分のモノまで捨てられそうで、気が気でありません。

とは言っても、私に断りなく私のモノを捨ててしまうような妻ではないので、基本大丈夫なのですが、

「ここに集めたやつ、要るものと要らんやつに分けて」

と言われて集められると、何となく「これら要らんでしょ?」と言われているような気になってしまい、ちょっとプレッシャーに感じたりするのです…

本人は全くそんな気はなく、ただ単に文字通りのことを思っているだけなんですけど、私はよくそういうふうに捉えてしまうところがあるようです。

四柱推命のセミナーに行く、と聞いたときに、「あ、いまの彼女のブームの流れからだな…」と思ったので、びっくりはしませんでしたが、本当にいろんなことにやってみようとするエネルギーは、昔から変わっていないな、とちょっと感心しています。

せっかくだから、学びが進んだら、私のこれからの人生について、じっくり調べてみてもらおうかな、なんて思っています。

占いとか自己啓発とか

占いというのは、信じるか信じないかってことがよく話題にされるものです。

人によっては、占いなんてバカバカしい、なんていう考え方の人もいますよね。

とはいうものの、ちょっと面白いなぁと思うことがあるのですが、自己啓発とか能力開発、才能発掘に関わる本など。

こういう本も、読む人、読まない人で分かれると思いますけどね。

これらの中には、焚きつけるだけのような怪しいものもあれば、何十年も前から増刷や改訂版などが繰り返されて、読まれ続けている、ロングセラーのものもあります。

有名なのは、「思考は現実化する(ナポレオン・ヒル)」とか。比較的最近のものでも「7つの習慣」(スティーブン・R・コヴィー)とかもそんなイメージです。

こういう本をきっかけにして行動を起こして、夢をかなえたという人、あるいは、起業に成功したりしてお金持ちになった、なんていうエピソードは数え切れずです。

私は思うんですが、こういう本の内容は、活字で書かれていて、言ってみれば、手に取った人に平等な情報が提供されるにも関わらず、夢をかなえる人とそうでない人がいるのが不思議です。

もしかすると、占いも同じようなことではないかなと思うんです。

占いの結果をどう捉えるか、どう消化するか、そして、占いの毛化を受けて、どう行動するか。

占いそのものは、ひとつの情報であって、そこから考えたり行動したりするのはあくまでその本人なんですもんね。

自己啓発の本にしても、占いにしても、いろんなものがありますが、盲信するのではなくて、自分なりに味わうというか、解釈しつつ、活かしていけるのが良いパターンなのだと思います。

自分をしっかり持つことって、基本なんだなぁと改めて思います。

誕生日占いが運勢占いのルーツですね。

運勢を占ったり鑑定したりする手法、占術って、ほんとにいろいろとたくさんありますが、突き詰めていくと、やっぱり誕生日がベースになっているものがほとんどのように思いますね。

例えば、動物占いは生年月日の数字を足し算したりして、動物キャラに当てはめて、性格や運勢、人との相性なんかを判定します。

星占いもそうですね。生まれた日によって12星座に振り分けられます。

結局のところ、生年月日をなんらかの方法でざっくりと分けて、キャラクターや星座に分類しているわけです。

動物占いの場合は、今流行っている進化版と言われているやつでしたら60種類、星占いですと12種類の鑑定結果が出てくることになりますね。

そう思うと、占いのルーツとも言える誕生日占いは、366通りの鑑定結果があるってことで、他のどんな占いよりも詳しい占いだということになります。

キャラや星座に当てはめることで、親しみやすくなるので、楽しめるということで、いろんな形の占いが話題になるのでしょうけれども、やっぱり占いの王様は、誕生日占いなのだろうと思ったりします。

基本に戻って、誕生日占い。改めて見てみると面白いものですよ♪