日本サッカー代表監督、バヒド・ハリルホジッチに代わり、西野朗氏。

サッカー日本代表の監督に、西野朗氏が就任することが決まったとのことですね。

前監督となる、バヒド・ハリルホジッチ氏は、4月7日付で解任ということらしく、なんとも偶然とはいえ、実は、西野新監督の誕生日が4月7日とのことで、何か起こりそうな予感がしないでもない??

さて、新生サッカー日本代表、ということになるわけですが、せっかくなので、前監督、新監督それぞれの動物占いチェックをしてみました。

どんな日本サッカー代表になるか、監督の性格診断で見えることがあるでしょうか?

バヒド・ハリルホジッチ 1952年5月15日生まれ
元サッカー選手、ボスニアヘルツェゴビナ出身、ユーゴスラビア代表の監督としても活躍。
動物占い 傷つきやすいライオン
カラー動物占い シルバーのライオン
秩序、常識を重んじ、それを乱されるのを嫌い、上下関係には厳しいタイプ。しかし、これは、理想の生き方へのこだわりであったり、弱音を吐くことのない芯の強さの表れと言えるでしょう。自身のことよりも人のために動く献身的な心を持っています。いつまでも若い気持ちを持っていて、困難なときほど普段より力を発揮し、乗り越えていきます。情報収集能力も高く、実績のフィードバックから次のプランを立てるので、博学でもあります。

なかなか、監督としては良い性格なのかななんて思うんですがね。

一方、新監督となる西野朗さんはどんな方かというと、

西野朗 1955年4月7日生まれ
動物占い 頼られると嬉しいひつじ
カラー動物占い ブラウンのひつじ
孤立をとても嫌っていて、集団や組織の中で生きることで安心できるタイプ。見えないところで、人に対する気遣いを怠らない人です。とは言うものの、本心では、自分が最高の人間だと思っているところもあり、一級品のプライドの高さを持っています。実際、かなりのやり手でもあり、他の人が思いもつかないことを、サッとやってのける能力あります。楽天家的なところもありますが、いったんやり始めたことはとことんやり抜くファイタータイプでもあります。

ほほぉ、少々クセがありそうな印象も受けますが、「やり手」「ファイター」というところは、チームを率いる役目としては、適しているのかもしれませんね。

さて、サッカー日本代表、これからどんな活躍を見せてくれるんでしょうか、楽しみですね!

何だか悔しい・・・山中慎介選手のボクサー引退

「神の左」と言われた、山中慎介さん、先日のネリとのリターンマッチで負けてしまい、ボクサー引退ということになりました。

1戦目は、タイトル防衛に失敗となって、ベルトを獲られてしまいましたが、その試合で相手選手ネリのドーピング疑惑。

黒だということが明確にならなかったということでしょう、いちおうはそのまま、バンタム級の新王者となったわけですけど、今回の試合では、ウェイトオーバーで、タイトル剥奪されたうえでの、山中との再戦。

山中慎介さんがコメントしていたと言われていますが、確かに人として、プロボクサーのチャンピオンとして、どうなのかと疑問が湧いてしまいます。

もうあのボクシングを見ることができないと思うと、かなり残念な気持ちがありますが、とても楽しませてもらいましたね。もちろん、ネリとの対戦には、なんだか消化不良な感覚が残りますが・・・

さて、山中慎介さん、強いボクサーであり、ジェントルマンな印象があるのですが、動物占いではどんな性格と診断されるのでしょうか。

山中慎介、1982年10月11日生まれ
動物占い「フットワークの軽いコアラ」
カラー動物占い「オレンジのコアラ」
世間の評判を気にせずにさっそうと己の道を進んでいきます。直感に長けていて、ものごとの本質を見極めることができ、先見の明を持っているようなタイプです。少々早とちりな面もありますが、腰が軽くて素早い行動力を発揮します。強い意志で自分の求めているものを現実にするエネルギーを持っていますが、あまりに自分だけの世界に浸かり切ってしまうと、オタク路線に入ってしまう傾向も。

オタク、というは言いませんが、周りを気にせず、自分の世界に没頭する、というイメージは、記録的な防衛回数を誇るボクシング世界王者たる感じがありますね。

いやぁ・・・とっても残念ですが、山中慎介のボクシング、楽しませてもらいました。第二の人生、幸せに過ごして頂きたいものです。

オリンピック2連覇!フィギュアスケート羽生 結弦選手はどんな人?

今季の平昌オリンピック、盛り上がりを見せていますね。

テレビ業界も、オリンピックによってテレビ視聴率がかなり上がっていることで、逆にテレビ番組などの視聴率と比べて、危機感を募らせているというような話題もありました。

やっぱり、一流選手の演技、試合などは、ため息が出るようなスゴさがあります。

さて、そんな中でひと際、輝いているというか、注目を集めた選手のひとりとして、フィギュアスケートの羽生結弦選手がいます。

オリンピック2連覇という偉業を成し遂げました。いやぁ、まったくスゴイですね。

もともとのフィギュアスケート・ファンでなくても、にわかファンになっている人たちも相当たくさんおられるんじゃないかと思います。

まるで芸能人アイドル顔負けの選手ではないでしょうか。

そんな、羽生結弦さんは、どんな人なのか。。。

実際のところは知り得ないものの、動物占いでちょっとチェックしてみました!

羽生結弦、1994年12月7日生まれ。
動物占い「フットワークの軽いコアラ」・カラー動物占い「オレンジのコアラ」

「フットワークの軽いコアラ・オレンジのコアラ」の性格
颯爽(さっそう)と自分の道を進む人で、世間一般の評判には無頓着です。直観力に長けていて、先見の明、ものごとの本質を見極める能力に優れています。少々早とちりな面も見られるものの、文字通りフットワークが軽く、素早い行動力の持ち主です。個人の世界に浸かり切ってしまうと、いわゆるオタク路線に走りがちですが、理想を現実化する意志がとても強いタイプです。

・・・なんとも、当たっている感じがしませんか?
「颯爽と自分の道を」「評判には無頓着」「理想を実現する意志」などなど、オリンピックメダリスト!って感じで、しかも、ちょっと可愛らしさも感じられるような診断結果に思えます。

まだまだこれからたくさんの話題を提供してくれそうな羽生結弦さん。

今後の活躍も期待したいですね!

高梨沙羅ちゃん、銅メダルおめでとうございます!

平昌オリンピックが開幕して、ちゃくちゃくと結果が出始めていますね。

すでに協議を終えて、帰国している選手たちもいますが、その中のひとり、高梨沙羅ちゃんは、見事、銅メダルを獲得しての帰国となりました。

オリンピックでの活躍もさることながら、この人が話題になり始めたときの感じを思い出しますが、ほんとに「女の子」って感じで、あどけない印象が強かったです。

それでも、何かとスゴイと言われて注目されていたんでしょう、スキージャンプという競技に詳しくない人でも、彼女のことを知っているか、見たことある、名前を聞いたことがある、と言う人は少なくなかったと思います。

さて、子供の頃からその才能を見出されて、今回のオリンピックでもひとつの形として銅メダルを持ち帰った、高梨沙羅ちゃんですが、彼女は、動物占いではどんな人だと鑑定されるのでしょう??

高梨沙羅さん、1996年10月8日生まれ、動物占い「どっしりとした猿」・カラー分類「ブラウンの猿」

どっしりとした猿・ブラウンの猿 の性格

自我が強く、自信に満ちていて、強い探求心、強い研究心を持っている人です。周りの人に対する気遣いができますし、要領よく立ち振る舞うこともできます。見た感じは穏やかそうに見られることが多いですが、内面では、競争心の強さがあったり、どんなことにも全力で向かって行くエネルギーを持っている、情熱的な人でもあります。本人が信じていることがすべてというような頑固な考えを持つ一面もあります。ただ、怒りをため込み過ぎると、あるとき急に爆発することにもなり兼ねないので注意です。

ということですが、ご本人としてはどうなんでしょうね。

「見た目が穏やか」でも「内面の情熱」「全力で向かって行く」といった内容なんかは、テレビなんかで拝見する雰囲気や、オリンピックへ出場する力を持っている、なんていうこととピッタリ合うような感じはしますけどね。

いろいろとメディアでは取り上げられることも多くなると思いますが、外野がとやかく言うのは気にしないで、自分のジャンプに磨きをかけていって欲しいなと思いますね!

陣内智則 ✖ 松村未央 「リーダーとなるゾウ」 ✖「 大器晩成のたぬき」の相性は?

陣内智則さんと言えば、かつて人気女優さんとの結婚で話題にされたのですが、結果的には残念な結末に至り、お笑い芸人という職業柄?いろいろいじられたりしていましたね。

いじられて、おいしい・・・とも言いにくい感じもしますが・・・

ですが、2017年には、幸せな結婚をされたようで、陣内智則さんに好感を持っている自分としては、なんだか嬉しいです。

さて、今回のお相手は、アナウンサーの松村 未央とのこと、雰囲気的には、なんとなくお似合いのカップルのように思えるのですが、動物占い的には、どういう鑑定結果になるんでしょう?

まずは、お一人ずつ・・・

陣内智則 1974年2月22日 「リーダーとなるゾウ」

<リーダーとなるゾウの性格>
少々粗削りなところがあるものの、真面目でひたむき、明るい性格。惰性的なことが嫌いで、努力を惜しまず、頑張ることをモットーとしている。あれもこれも、というよりは、ひとつのことに注力するタチです。いつも目標に向かって進んでいき、妥協は許しません。弱音を吐かず、自分に厳しいのですが、同じスタンスを他人に求めがちなところも。

対して、お相手の、

松村未央 1986年6月29日 「大器晩成のたぬき」

<大器晩成のたぬきの性格>
あどけない雰囲気の甘えん坊さんで、性格は控えめ。基本的に受け身なタイプで、人の言うことをしっかり聞きます。でも、本当は、わがままや勝手な行動をしたいという気持ちもあり、束縛は嫌いです。自分を抑えがちなのでストレスが溜まりやすいかも。感受性が豊かで、芸術的なセンスに優れています。中年を過ぎると、スピリチュアルな世界観に惹かれ、人生観が変化することも。

そんな二人の相性はどうかというと・・・

「リーダーとなるゾウ」と「大器晩成のたぬき」の相性

性格的には理解しあえる関係を築けそうですが、恋愛においてはうまくいくとも限らないようです。気持ちがストレートに向き合ってしまうと、引いてしまうかもしれません。ある程度、感情を抑えた形の恋愛ができれば長続きするでしょうが、そんな状態だとなんだか物足りない感じがしてくるかも。ただ、安定した結婚には向いているでしょう。

さて、実際のところはどうなんでしょうか。

過去のことを持ち出すのもヤボですが、当時えらく騒がれたことと比べても、落ち着いた感じで結婚されたようにも思えるし、しかも「安定した結婚には向いている」という診断もあるので、大丈夫なんじゃないかなと思えますね。

末永くお幸せに!