個性心理学、動物占いは深い!

個性心理学、つまりは動物占い、これ実はものすごく内容が深いというか細かい、詳しいんですね。

10年以上前に一回流行して、そこからキャラクターの数が60種類に増えて再流行しているんですが、キャラクターが60種類になったというだけではなくて、もっと詳細な分析結果がたくさん含まれているんです。

そして何よりも、人どうしの相性が見えてきて面白いんです。

相性というと、いろんな相性があると思うんですけど、ちらっと紹介するなら、もちろん一般的な、いわゆる皆んなが悩んだりすることのある、人間関係、対人関係といったもの。

これは職場とか学校とか、そういうどちらかというと公の場、フォーマルな場の人間関係ですかね。もちろんこういうことは分析できるようになっています。

そして、恋愛の相性。これも内容豊富です。個性心理学ですから、動物占いで分けられたキャラクターでどれとどれが相性が良い悪いとあるんですが、男の場合と女の場合では、同じ動物でも、ちょっと違ったりしているので要チェックです。

どちらが主導権を握るかとか、どういう態度に弱いかとか、いろんな関係性が出てきて面白いです。12種類だけでも、12×12=144通りなんですから、60種類となるとえらいことです。

でも、やっぱり自分のキャラと、大切な人との相性は気になりますよね。個性心理学、動物占いで2人の相性を調べてみると意外なことが見えてきたりするかもしれませんね。

相性占いは個性心理学、動物占いがピッタリ

相性占いって、何となく興味がそそられる感じがしますね。

彼氏、彼女、家族、その他いろんな人間関係で成り立っている私たちの暮らしですが、自分以外の人と自分との関係、相性って、かなり大事な概念だと思います。

あんまり人間関係だけ、相性のことだけを考えていてもしんどくなってくることがありますが、例えばそんな時に、個性心理学、動物占いで、人の性格を診断してみたり、自分のことを分析してみたり、より進んで、相性調べてみたりというのは、面白いものだと思います。

個性心理学、動物占いは、性格診断をするものだというイメージがありましたが、その根本的な目的の中に、人同士の関係性を明らかにしてみようというコンセプトがあると思います。

動物占いやってみたら、自分はゾウだった、彼氏はトラだった、嫁はタヌキだった、なんてやりながら診断結果を読むのは楽しいですし、話のネタにもなりますので、昔に動物占いが流行ったときも、とても話題に上りましたね。

今また注目を集めている、最新の動物占いでは、もしかすると昔もそうだったのかもしれないですけど、より人間関係について深い分析結果がコンテンツとして含まれているようです。

個性心理学とは名付けられているものの、その最終地点は、人との関係性に注目しているもののように思われてきます。

しかも60種類のキャラクターがあるわけですから、相性としては360通りの形があることになります。自分と大切な人との関係はどんなふうに言われているか、個性心理学、動物占いでチェックしてみると、意外な事実が見えてくるかもしれませんね。

個性心理学で相性占い

個性心理学で相性占いが詳しくできるんですね。

どうも個性心理学というと、個人のことを深く突き詰めて分析していく、いわゆる自己分析のツールのような印象を強く持ってしまう私なんですが、よくよく個性心理学、すなわち動物占い、動物キャラナビのことを見てみると、個性だけではないんですね。

確かに、人の性格の細かいところを見ていくと、こんなときはこうする傾向、ああいうことがあったらそうする癖があるとか、いろんなことが見えてくるわけですが、人間関係においても、同じことが言える部分は多いと思います。

何かあの人と対面すると緊張してしまうとか、あの人と一緒にいると気持ちが癒されるとか、そういうことって結構ありますよね。

もちろんそれがずうっと、いつ何時でも同じというわけにはいかないかもしれませんが、そういうことが多いっていうのはあると思います。

そういったものを相性というのじゃないかと思うんですね。ウマが合う、合わないって。

個性心理学、動物占いで、人の個性を詳しく見ていくと行き着く先は、人との相性、人間関係なんだと思います。

個性心理学で相性占い。

動物占いで相性診断。

私としてはこれはひとつの常套手段ではないかと思ったりするのです。