「人間味あふれるたぬき」「尽くす猿」動物占いの感想

人間味あふれるたぬき」動物占い感想

動物占いやってみて、私は 人間味あふれるたぬきだったんだけど、私の自己紹介文かってくらい当たってる…笑

特に「周囲に関して無関心」ってとこがズバリだった…そこは当てられても嬉しくなかった(泣)

友達が悩んでる事とか、誰と誰がケンカしたとか聞いても何も思わないもんな。た

だ、あまり考えるたちではないっていうところは否定したい!ちゃんと考えて行動してるよ(笑)

あとそれ以上に当たってると思ったのが、目的が決まった時の集中力抜群、とことんやり抜くっていうところ。

受験でも志望校を決めたら短期集中型で一気に偏差値上げて合格出来たし、その間は友達からの連絡も無視に近いくらい放置して勉強に集中してたっけな。ここにも多分周りへの関心のなさが出てるね。

今の仕事でも月間目標を明確に決めた方が断然動くし、絶対達成してやる!って思ってがんばれるし、自分の長所かな。

あ、ちなみにがんばれない同僚を調べたら案の定ナマケ者のなんとかだったよ(笑)動物占い初めてやってみたけどほんとに当たるんだね!

気になるのは恋愛での相性まで調べられるってところかな、彼氏との相性あんまり良くなさそうだから調べなきゃ…

ちなみに彼氏はゾウらしいんだけど、基本的には相性が良いみたい。ほんとかなぁ(笑)

尽くす猿」動物占い感想

私が高校生だった頃、『動物占い』というのが大ブームになった事があります。

簡単に言うと自分の生年月日から何種類かある動物のタイプを割り出して、性格などを当てるというものです。

これが結構当たってるという事で、関連本も沢山販売されて私のまわりもみーんなやってました。

それに自分だけじゃなくて、動物別に好きな相手の攻略も載ってるので、恋愛まっただ中の高校生にとってはもってこいの占いなのです。

ちなみに私は『尽くす猿』。

『猿って!!』と若干落ち込んだものですが、よくよく読んでみるとうーんやっぱり当たってるような・・・。
半々ってとこです。

『手先が器用で頭の回転がバツグン』とありますが、これは実際によく人に褒められます。

(自分では自覚してませんが・・・)

結構細かい作業も好きだし、アイデアをパッと閃くことは確かに多いのかも。

逆に『マメマメしく働き、家事も上手に切り盛りできる』という点はちょっと外れてます。

マメマメしく働くのも家事も、実はあまり得意じゃないです。

あ、でも家の中はいつも片付けているので、人が見れば家事が出来てるようには見えるかも。

まあ、占いなので結果にそこまでこだわらずに皆でワイワイ楽しむ位かちょうど良いのかな、なんて思います。

動物占い感想「守りの猿」「まっしぐらに突き進むゾウ」

動物占いをしてみた感想♪

**********

「守りの猿」

動物占い試してみたんだけど・・

「守りの猿」かぁ……当たってるかも(^o^)/

思い切った冒険をしない堅実家だって!趣味や遊びにはあまり興味がないっていうのも当たってる。。。

この結果を見て、ずっと仕事ばかりで息抜きが足りないてないなって思った。今度友達誘って遊園地とか行ってみようかな?

あ、でも趣味を探すのもいいかも!これといった趣味がないから、周りの子たちが羨ましくなるんだよね。

とりあえず、お金がかからなくて今からでも気軽に始められて、いつでもできる趣味がいいなあ。
スポーツ系は無理かも……一緒に始める相手がいたらいいかもだけど。

散歩とか?散歩なら近所とかくらいならお金もかからないし、運動にもなるし頭もすっきりするしいいかも。
あとはなんだろ。写真とか?カメラに拘らなければ結構楽しそうだよね。

書道とか、お絵描きとか歌は道具を揃えるのが大変そうだけど一生楽しめそうだよね。老後にも趣味があるとボケないってよく聞くし、自分の老後の為にもお母さんと楽しめそうな趣味とかもいいかも。落語とか、お料理とか?

でも、趣味って考えるだけでもワクワクするよね!また色々と挑戦してみよっと!

って、あーーー!!読み返してみたら、趣味探しですでに堅実的になってる!笑

堅実的な生き方を少しでも辞めようと思ったのに〜泣

でも、この占いが当たってるにしろ当たってないにしろ、こうして自分のことを見つめなおせる機会が与えられるっていうのは良いことだよね!

**********

「まっしぐらに突き進むゾウ」

動物占いは初めて知ったので、友人に勧められるがままに試してみました。

私は「まっしぐらに突き進むゾウ」タイプと出たのですが、まさにそのとおりだと思います。このタイプの特徴で印象に残ったものは、2つありました。

1つ目は、持続力や忍耐力に欠ける面があることです。

先日、自宅の汚部屋の大掃除をすることになりました。防塵マスクを付けて、両手にはゴム手袋を嵌めて、完全防備で臨みました。

当初はやる気に満ち満ちていましたが、開始わずか30分で掃除に飽き始めてしまいます。

普通の大人なら、飽きても我慢しながら掃除を続けるはずです。ところが、私の場合は一度でも心が揺らいでしまうと作業を持続させられません。

ついには掃除が嫌になったので、マスクと手袋を投げ出して外に出かけてしまいました。

もう1つは、欲がないことです。ここ半年、生活に必要な品物以外を購入したことがありません。お金に困っているのではなく、物欲が湧かないからです。

ガジェットに目を向ければ、スマホやタブレット型PCなど魅力的な製品が続々とリリースされています。

しかし、私はそれらに興味を持つことができません。9年前のパソコンを使い続けていて、不満を抱くことなく生活できています。

**********