動物占いのキャラクター、チーター、黒ヒョウ、ライオン

動物占いのキャラクターの性格を紹介。

チーター
欲しいの思ったらすぐに買う。
焼肉が好物。
人前では格好をつけたがる。
プライドが高い方。
恥をかくのがいや。
成功の願望が強い。
超のつくプラス指向、マイナス指向の言葉を使うのを嫌う。
早とちり、思い込みが激しいがお人好し。
常時話の中心にいたい。
態度も話も大きい。
小さな数字には興味がないが大きな数字に強い。
瞬発力があるが長く続けるのは苦手。

黒ヒョウ
モノトーンが好み。
新しいのもが好きでおしゃれ。
スマートでありたいと思っている。
プライド、メンツ、立場にこだわりがある。
顔に喜怒哀楽が出やすい。
繊細でガラス細工のような心を持っている。
正義感や批判精神が強い。
気を使われることで上機嫌になる。
現役にこだわる。
常にリーダーシップをとって行動したい。
先行逃げきりタイプで攻撃的だがあきらめが早い。

ライオン
装飾品が好きでおしゃれ。
他人の細かいところによく気がつく。
人の言葉をよく覚えている。
特別扱いされることに弱い。
本音をなかなか言わない。
弱音を吐くことがない。
外にいる時と内にいるときで落差が激しい。
数字や計算は不得手で、大きく漠然とひた話が多い。
その道で超一流を目指したい。徹
底的にこだわるところがある。
礼儀にはうるさい。
世間体をきにするところがある。

ふかわりょう、岡本夏生 口論したんですか・・・

ネットのニュースで、ふかわりょうさんと岡本夏生さんが口論になったって出てましたね。

岡本夏生って聞くと、直球勝負のバンバンものを言う人ってイメージが強いので、それこそ問題発言的に捉えられそうに思いますけど、ふかわりょうっていうと、そんな口論するような感じはしないんですが。

どういう経緯でそうなったかっていうのは、ワイドショーとか週刊誌なんかに譲るとして・・・

ちょっと外野からの視点で、このおふたりの相性を、動物占いで見てみました。

ふかわりょう(1974年8月19日生まれ)
「チャレンジ精神旺盛なひつじ」
孤立であることを嫌い、集団の中で過ごすことの方が安心できます。世の中の流れには敏感な方で、まわりと同じような生き方を望んでいて、個性的な生き方は求めません。結論を出すことに対しては、ときの流れに任せる傾向も。人とは一定の距離を保って、相手を立てながらその心理を見抜くことに長けています。いつの間にやら自分のペースに持っていくという駆け引きも得意な人です。

岡本夏生(1965年9月12日生まれ)
「愛情あふれる虎」
強烈な自我を内に秘めています。無意識のうちに損得勘定をしっかりチェックしているといったチャッカリ屋の面もあります。いつでも自分の心に忠実に動くので、後悔することがあまりないのも特徴のひとつ。姉御的性格をしていて、立場の弱い人を守るために立ち向い、心を許した相手に対しては誠心誠意尽くします。強い自我を上手に活かしながら、周りの人とうまくやっていくタイプです。

「チャレンジ精神旺盛なひとじ」×「愛情あふれる虎」の相性
ちょうど50%くらいの相性度といったところ。うまく行くかどうかは半々の確率のようです。一緒にやっていくのであれば、努力とタイミングがポイントになるでしょう。恋愛でいうと、遊びの恋なら、そのまま続けていけばいずれ自然消滅の流れになるそう。本気の恋なら、運の追い風はあまり期待できないので、本腰を入れて、自己鍛錬、努力をする必要があるかもしれません。

おふたり、むちゃくちゃ悪いわけではないようですが、一緒にやっていこうと思ったら、お互いに努力が必要だということになるでしょうか。

あまりいがみ合いませんように・・・

動物占いのキャラクター、トラ、タヌキ、コアラ

動物占いのキャラクター紹介!

トラ
バランス感覚がいい。
即断即決ではないが決めたら徹底的にやる。
カラフルな色を好む。
笑いながらでもキツいひと言を言う。
親分肌で面倒見がいい。
仕事第一で器用貧乏。
自分が正しいという思い込みが激しい。
自分の生活圏を大切にする。
雰囲気が悠然としている。
相手の言い分を気にする。
さりげなくだが計算高い。
自由、平等を好み、博愛主義者である。

タヌキ
店は行きつけにしか行かない。
そば好き。
古いものを好む。
年配、年の離れた先輩から可愛がられる。
人の話を自分の話にしてしまう。
返事だけは良い。
究極の一品といわれると弱い。
根拠のない自信を持っている。
出番をいつも待っている。
天然ボケの要素を持つ人が多い。
語呂合わせやこじつけが好き。
物忘れすることが多い。

コアラ
昼寝好きで夜には強い。
頑張るためにはぼーっとしている時間が必要。
サービス精神が旺盛。
競争意識は強いけれども負ける勝負はやらない。
最悪の場合を考えてから行動に移す。
嘘などがばれた時の言い訳がじょうず。
あとからあれこれ悩む。
一見おとなしい雰囲気の人が多い。
毒舌な話で笑いをとる。
出し抜いての勝利を好む。
疑り深くて計算高い。
長期の展望を持って考える。

動物占いのキャラクター、オオカミ、コジカ、サル

動物占いには12種類の動物たちが登場します。

最新の動物占いはこれをまた細かく性格別に分けて、全部で60種類のキャラクターで表現されています。

どんな動物が出ているか改めてダーっと紹介していきます。

オオカミ
自分にしかできないもので1番を目指す。
人の真似をしたくない。
時系列での記憶力が優れている。
初対面ではどうもとっつきにくい。
メモをとる癖がある。
歩くことが苦にならない。
変わっていると言われると喜ぶ。
自分のペースを乱されるのが嫌い。
言葉足らずの感じがある。
1人だけの時間や場所を好む。
臨機応変での対応が苦手。

コジカ
愛情を確認できていないと不安になる。
裏表のある対応やかけひきが苦手。
たくさんの人の中にいても仲の良い人としか話をしない。
親しくなってくるとわがままさが出る。
好き嫌いが激しい。
初対面での警戒心が強い。
感情が隠せない。
飲食物の添加物が気になる。
相手の人柄が付き合いの全て。
人に教えたり育てたりするのが得意。
好奇心が旺盛。
行動の範囲が限られている。

サル
褒められるのが好きなので頑張る。
載せられる状況に弱い。
信じやすく騙されやすい。
細かいこと、小さいことによく気がつく。
用事や仕事を依頼するときには目的などを明確にしてあげないとダメ。
話をするときには相手の目をじっと見る。
落ち着きがない。
お堅い空気に弱い。
なんにおいてもゲーム感覚で楽しめる。
早合点、早とちりが多い。何事においても短期決戦。
人の真似をするのが得意。

マエケン、前田健太選手(ドジャーズ)は「活動的なコアラ」

ドジャースのユニフォームを来た、マエケンこと、前田健太選手の写真がネットのスポーツニュースに乗っていました。

私なんかは、ドジャーズのユニフォームを見ると、野茂英雄選手のイメージがパッと出てきます。

野茂投手のイメージは、近鉄バッファローズとドジャーズのユニフォームです。

ところで、前田健太選手、メジャーで今期2勝目をあげたそうで、おめでとうございます。

メジャーへ渡る前に、バラエティ番組に出演していることがあって、芸人さんたちから結構いじられていて、なんとも好感を持たれるというか、純朴な感じの雰囲気だなと感じていました。

そんなマエケン、動物占いでは「活動的なコアラ」になるんですね。

その性格は、見かけでは、明るくて素朴な雰囲気を装っているが、実は直観力や洞察力に長けていて、いつもトップを狙っているような勝負師タイプ、だというから面白いです。

それに、損得勘定が優先になる、とか、人を利用しようという考えを起こしやすい、とか、どちらかというとネガティブな診断もあったりします。

メジャーへ行ってこれから成果を積み上げていくのだろうと思いますが、夢に向かって一直線に駆けていく一本気な人で、現状が思わしくなくても、最後にはヒーローになるぞ、と願っているのだろうです。

見かけが素朴だが、いつも頂点を目指している、そして勝負師、といったところが、一流スポーツ選手!って感じがして、面白いもんだなぁと思いますね。