動物占いで人間関係のストレスを軽減できる?

 
 
 
 
 

動物占いは、個性心理学と言われているものを親しみやすい動物キャラに当てはめて、体系化されたものです。

個性心理学というくらいですので、人の個性を詳細に分析しているものなのですが、占い、鑑定の種類としては、統計学的なアプローチをとっている占いということができるでしょう。

動物占い、個性心理学は、日本だけにとどまらず、海外にも書籍などが出版されていて、とても広まっているのです。

生年月日の数字から簡単に計算できる数字で、どの動物に当てはまるかが分かるのですが、個性心理学という名前からイメージされるのは、性格を鑑定するだけのもののように思われがちですが、実は、そこから、人同士の相性が詳しくみることができるという優れものなのです。

 
 
 
 
 

相性といってもいろいろあるのですが、一般的な人同士の相性から、恋愛の相性、結婚の相性などのコンテンツも盛り沢山です。

彼、彼女の関係でいうと、彼、彼女のどちらが主導権を握っている? 旦那と奥さんのどちらが家庭をリードしている? など、動物占いの観点でみると、結構当たっているところが視えてくるのではないでしょうか。

もし、彼の行動や、考えていることが分からない、どうしてそういう態度をとるんだろう…などと、悩むことがあったら、もしかすると、動物占いの分析の中に、それのヒントが見つかるかもしれません。

なるほど、そういうところがあるのかもしれないな、と思い当たることがでてくるのではないかと思います。

そういう理解が深まっていくと、恋愛関係や夫婦の関係、はまたま職場の人間関係などのストレスになり得る部分が和らぐのではないでしょうか。

解釈ができると、気持ちの負担が軽くなるということは大いにあります。是非、人間関係の参考書とも言える動物占い、個性心理学を、試してみてはいかがでしょう!

 
 
 
 
 

動物占いは相性まで詳しく分析できるんです!

動物占いは相性まで細かく見ることができるのを知っているでしょうか?

動物占い、動物キャラナビって、個性心理学だというふうに言われているので、どうしても、個人の性格を占う、鑑定するものというイメージが強い気がしますよね。

ですが、よくよくコンテンツなどを見ていくと、個人の性格が詳しく分かって、次に、その関係性、すなわち相性が見えてくるんです。

別に、それぞれの動物の性格が分かったから、自然と自分で相性が見えてくるというわけではなくて、相性がいい組み合わせ、相性が悪い組み合わせなどをちゃんと挙げてくれています。

しかも、友人としての相性の良否、恋人として、恋愛対象として相性が良い悪い、結婚相手としての相性がどうか、などなど、いろんな相性を視ることができます。

なので、動物占い、動物キャラナビは、性格診断という印象はあるものの、相性占い、相性鑑定というふうに言えるだろうと思います。

むしろ人との関係を考える場合って、相性の方が重要ポイントになってくることが多いように思います。実は動物占いは、そういったことがめちゃくちゃ得意なツール、便利なコンテンツが豊富なんです。

少しでも人間関係に迷うことがあるとか、恋愛などで相性を調べたいと思ったら、動物占い、これはなかなか使えるものだと思います。

動物占い的サヨナラの占い…

動物占いでは人の性格の傾向を12種類の動物に当てはめ、さらに細かく60種類のタイプ分けがなされていますが、基本の動物は12です。

ここで、面白い分析があったので紹介しますが、あの人とサヨナラしたい…と思ったときに、各動物キャラによってうまく別れるやり方があるというのです。それを書き出してみます。

狼→はっきりと言葉で伝えるのがいい。ねちっこくなくあっさり別れてくれる。サバサバで揉め事なし。

こじか→ストーカー的なところあり。ショックで傷つけるのはマズイので時間をかけて距離を置いていくのが良さそう。

猿→目には目を、という性格なので、分かるように浮気をすれば猿も浮気し、イライラがたまって去っていく。

チーター→かっこ悪い!とプライドを傷つけるか、ダサい格好でデートに出向くか、束縛するようなことをすれば嫌になる。

黒ヒョウ→過去についてあれこれ言われると嫌がるので昔の恋愛を責め立てると嫌になってくれる。

ライオン→相手を立てつつ誠実に理由を伝えるのが吉。皮肉でプライドを傷つけると自分も痛い目にあうのでNG。

虎→虎を立てて正直に本音を告げるのがいい。自然消滅は期待できない。虎同士なら別れを切り出したら最後だと分かる。

たぬき→一人と長く付き合う傾向があるので、徐々に匂わせて長期的にやっていくのが良さそう。信頼を失うことをすれば短期間の可能性も。

コアラ→少しずつ距離を開けていくと他の人に恋する可能性も。おごってもらって当然のような態度をしても冷めてくれる可能性あり。

ゾウ→正直に打ち明けるのが良さそう。しつこく責めるようなことは、キレて別れてくれるけれども大ケガすることも。

ひつじ→極力傷つけない言葉で静かに落ち着いて話をすべし。相手に迷惑をかけたくないひつじなのでそっと身を引いてくれそう。

ペガサス→束縛、詮索をすることで、冗談じゃない!と早々と退散してくれそう。

どうでしょうか。楽しい動物占いで別れ方の傾向を話するのもなんですが、こんな内容ももっとたくさんあるのが最新版動物占いなんです^^;

動物占い ペガサス(ぺがさす)の性格

動物占いの中でもちょっと特殊なキャラクターに思えるペガサスですが、これも4種類に分けられています。

落ち着きのあるペガサス、強靭な翼をもつペガサス、波乱に満ちたペガサス、優雅なペガサス。

ペガサスだけは架空のキャラクターですね。ペガサスを当てはめた理由は、これに当てはまる人の性格を見ると、何となく納得してしまう感じがします。

束縛を嫌い、ミステリアスに見える人が多いようです。ひらめきや発想は天才的。ですが、とらえどころない人だ、とは言わないで!自分でもよく分からないんだもん!という感じのようですよ。

気分屋ですがそれを隠そうという感覚はない。わがまま。長所は突出しているがあとはごく平凡。人を使うのがうまい。豪華絢爛。大げさな雰囲気の人が多い。動物占いキャラの中でもいちばn面倒くさがり。いちいち細かい指示を言われるとイヤになる。根拠のない考え方をする。社交辞令が天才的にうまい。のっているときとそうでないときの落差が極端に大きい。人の話をうなずきながら聞いているふうだが他のことを考えている。

ペガサスの恋愛観は、絶対条件として感性の響き合いが無ければダメなようです。そして自由奔放さゆえに、心が束縛されたり、停滞する関係をとても嫌います。

そんなペガサスの恋人としては、たぬきが好相性です。ペガサスは、力強い人を求めながらも、制御可能な人を好むところがあるため、たぬきのように、相手に合わせながらも楽しませてくれる人は、相性が良いようです。

結婚相手としてペガサスに向いているのは、トラです。夢があっていつもふわふわとしていて現実感のないペガサスは、トラの現実的なところに、口うるさいなぁと感じつつ、夢の実現能力に長けたトラは、頼りがいがあって頼もしく感じる相手です。

動物占いで個性を見る 羊 ヒツジ ひつじ

ひつじは60種類の動物占いキャラのうち、6種類を占めています。

協調性のないひつじ、もの静かなひつじ、無邪気なひつじ、ねばり強いひつじ、チャレンジ精神旺盛なひつじ、頼られると嬉しいひつじ。この6種類です。

ひつじは全体の和を大切にしていて、とても寂しがりやです。いつも世のため人のためということを考えている傾向があるようですね。仲間はずれにされたり、ひとりぼっちにされるのには耐えられない、ねぇねぇ話を聞いて!という感じです。

その他ひつじの性格を表すフレースを挙げていきますと、

感情的になりやすい。情報収集が大好き。相手にきを使われると上機嫌。客観的な配慮や気配りができる人が多い。人から相談されることも嬉しい。好き嫌いが激しい。ぐちやボヤキが多い。和を乱す人のことを嫌う。はきりモノが言える。本当の自分を外へ出さない。お金に関してはきっちりしていて貯金するのが好き。約束を絶対に大事にする。

ひつじの恋愛観。ひつじは、慎重派であるけれども恋愛に熱心で情熱的なところがあり、束縛が愛の形だと感じる寂しがりやさんであるようです。

そんなひつじにとって、恋人として相性がベストなのは、動物占いではサルが該当します。盛り上げること、気配りをすることが得意で活動的なサルは、いつも好きな人と一緒にいたいと思う寂しがりやのひつじも、楽しい恋ができそうです。

結婚相手としてひつじにとってベストなキャラクターは、チーター。ひつじは、とても和を大切にすることもあり、ストレスを溜めてしまいがちなところがありますが、超プラス思考のチーターとであれば、悲観的にならないで、明るい家庭を築けることになりそうです。