個性心理学 動物キャラ60種類

個性心理学という学問体系である動物占い、動物キャラナビは、60種類の動物に、人の個性を当てはめるという体系をとっています。

もともとは、ヒツジ、サル、タヌキ、オオカミ、黒ヒョウ、トラ、チーター、ライオン、ゾウ、コアラ、ペガサス、12種類だけだったのですが、それぞれに、パワフルな、とか、どっしりとした、とか、好感の持たれる、とかいう性格をあらわす言葉がついて、全部で60種類となったわけです。

ただ、これがまた細かい分類だなぁと思うところが、動物ごとに同じ表現の言葉を使っているのではなくて、どっしりとしたオオカミ、というのは無いんですね。なので、すごく細く分析された結果だということが分かります。

動物占い、動物キャラナビと聞くと、とてもキャッチーですし、楽しめるものだというイメージが浮かびます。それはその通りで、だからこそ世間に知られたのですが、よくよく調べていくと、そのコンテンツの多さ、内容の豊富さ、濃さに驚かされます。

昔から伝わってきている、人の性格を鑑定するための四柱推命をはじめ、様々な統計学的手法がベースになっていて、歴史的な研究成果が多分に盛り込まれている個性のご心理学の体系なんですね。

これを若い人にも親しめるようにと、動物占い、動物キャラナビ、として世に出したのは、世に広めるためには正解だったのではないでしょうか。

 

 

動物占い、動物キャラナビ、個性心理学

動物占い、動物キャラナビ、個性心理学、今また注目されているコレ、いろいろな呼ばれ方がありますけれども、やっぱり動物占いというのが個人的には馴染みやすい感じがします。

この動物占い、本やインターネットの情報などでいろいろ調べていると、動物の種類は12種類、性格別に分けたものを総合すると、60種類のキャラクターとして、性格分類がなされています。

過去に流行ったときは、動物の種類分けだけで12タイプだったのですが、ここ数年で出てきた最新動物占いは、60種類にパワーアップしたわけです。

個人の性格を深く分析してみるのにとかく参考になるものなのですが、ちゃんと内容を見ていくと、そのコンテンツの豊富さに驚かされるのです。

基本は、オオカミ、サル、コジカ、チーター、黒ヒョウ、ライオン、トラ、タヌキ、コアラ、ゾウ、ヒツジ、ペガサス、この12分類。これらがさらに、4タイプか6タイプに分かれて、60種類になるというわけです。そしてこの60種類に対して、詳しい性格診断がなされているのです。

ここからがまたすごいのですが、これらのタイプに対して、相性の分析までできてしまうのです。確かに個人のことがよく分かってくると、人と人の関係性も見えてくるというのは、理にかなったことだとは思います。

個性心理学を体系化した創始者は、動物占い、動物キャラナビによって、人同士がより良い関係の中で生きていけることを望んでいるとのこと。そんな社会、目指したいですね。