姓名判断(その2)

姓名判断に用いられる5つの格数とは…

 

【天格(祖格)】

姓の総格数のこと。霊数は含めない。祖先運を表すとされます。一般に、晩年になるほど影響が大きくなると考えられています。この天格だけで吉凶を判断することは無いようですが姓と名それぞれの画数の関係性が重要だとされているようです。

結婚すると苗字が変わることが多いので、これによって天格、総格は変わることになりますね。

 

【人格(主格)】

姓の最後の文字と、名のはじめの文字の画数を足し合わせたもの。主運を示すとされます。姓、名の療法からの画数を見ていることから、姓名判断の中核をなすと考えられています。画数が同じでも、姓と名の比率によってその強弱が変わるので、これも判断要素になるようです。

人格(主格)は、人の内面を表すとされ、仕事運、家庭運、結婚運や、中年期における運勢に影響を与えると言われています。人格が吉数であると、物事を前向き、ポジティブに考えられる、積極的な活動ができる、自信にあふれた状態になれるなど、良い影響があるとされます。逆に、凶数であった場合は、物事をネガティブに考えてしまう、他人に対して妬みを持つ傾向、自信を持てないなど、悪い影響が出るとされます。

もともとは、性格面を示すとされるものなのですが、人の性格は他人と接触することで意味を成していくということから、家庭運や仕事運を深く関わるものと言われているそうです。

 

 

 

姓名判断(その1)

姓名判断は、昔からよく使われる占い手法のひとつですね。子供が生まれたときなどは、画数が良いとか良くないとか話題にあがります。

姓名判断というのは、その人の姓名から、性格や運勢を占うものです。適職はどんなものか、恋愛の傾向、結婚運、家庭運、気をつけるべき病気など、一般的に運勢という言葉でいわれることについて、姓名で解釈を与えようとする、昔から伝わる伝統的な占いのひとつです。

基本的には姓名の画数の数字によって判断するものですが、流派などによって鑑定に含める要素は変わってくるようです。生年月日、陰陽二気や、姓名が発音されるときの音を、五行に対応させたときの調和を取り入れるもの、姓名を文章として見た場合の意味を考慮するものなど、さまざまな要素を総合的に見ていくものが多いようです。

姓名判断、姓名占いの一例から見てみますと、その人の姓名の文字の画数から5つの格数を計算して、それらに解釈を加えます。

5つの格数としては、天格(祖格)、人格(主格)、地格、外格、総格といったものがあり、これら画数の数字を算出して、それぞれが示しているもの、そして、それらが全体としてどういった意味を表しているかを判断していくのです。

 

占い、占術、占い師

占いの方法、占術としては、生年月日や姓名など、一定の固定された条件から判断するものや、手相、人相から、その人の価値観、人生観など、変化していくものから占っていく方法があります。

時代の流れによっても、それらの人気度も変わってきますが、実際に占い師の先生たちが占う際は、それらの織り交ぜ方や鑑定の方法はさまざまです。

だいたいにおいて、ひとつの占術だけで占うという形の方が少なくなっていく傾向にあるようにも思われます。昔から受け継がれている占術を組み合わせたり、占い師が独自に編み出したりした占い方法がたくさんでてきています。

占いというものは、科学的な実証が難しいものですが、それは目に見えない心の問題を扱うからです。複数の占い師の話などにも出てきますが、占いは、統計学と心理学をベースにしたカウンセリングであるという言い方もできるようです。因果関係だけではなく、悩みごと、迷っていること、困っていることを相談に来られた人が「なるほど」と思って初めて、心に変化が生まれるのだと思います。

占い方法も占い師も多様化していて、どの占いが良いのか迷う人も多いようです。でも、人生の物語を創っていくのは本人ですので、主人公はやはり自分なんだという気持ちは忘れてはいけないことのように思われますね。