オリンピック2連覇!フィギュアスケート羽生 結弦選手はどんな人?

今季の平昌オリンピック、盛り上がりを見せていますね。

テレビ業界も、オリンピックによってテレビ視聴率がかなり上がっていることで、逆にテレビ番組などの視聴率と比べて、危機感を募らせているというような話題もありました。

やっぱり、一流選手の演技、試合などは、ため息が出るようなスゴさがあります。

さて、そんな中でひと際、輝いているというか、注目を集めた選手のひとりとして、フィギュアスケートの羽生結弦選手がいます。

オリンピック2連覇という偉業を成し遂げました。いやぁ、まったくスゴイですね。

もともとのフィギュアスケート・ファンでなくても、にわかファンになっている人たちも相当たくさんおられるんじゃないかと思います。

まるで芸能人アイドル顔負けの選手ではないでしょうか。

そんな、羽生結弦さんは、どんな人なのか。。。

実際のところは知り得ないものの、動物占いでちょっとチェックしてみました!

羽生結弦、1994年12月7日生まれ。
動物占い「フットワークの軽いコアラ」・カラー動物占い「オレンジのコアラ」

「フットワークの軽いコアラ・オレンジのコアラ」の性格
颯爽(さっそう)と自分の道を進む人で、世間一般の評判には無頓着です。直観力に長けていて、先見の明、ものごとの本質を見極める能力に優れています。少々早とちりな面も見られるものの、文字通りフットワークが軽く、素早い行動力の持ち主です。個人の世界に浸かり切ってしまうと、いわゆるオタク路線に走りがちですが、理想を現実化する意志がとても強いタイプです。

・・・なんとも、当たっている感じがしませんか?
「颯爽と自分の道を」「評判には無頓着」「理想を実現する意志」などなど、オリンピックメダリスト!って感じで、しかも、ちょっと可愛らしさも感じられるような診断結果に思えます。

まだまだこれからたくさんの話題を提供してくれそうな羽生結弦さん。

今後の活躍も期待したいですね!

高梨沙羅ちゃん、銅メダルおめでとうございます!

平昌オリンピックが開幕して、ちゃくちゃくと結果が出始めていますね。

すでに協議を終えて、帰国している選手たちもいますが、その中のひとり、高梨沙羅ちゃんは、見事、銅メダルを獲得しての帰国となりました。

オリンピックでの活躍もさることながら、この人が話題になり始めたときの感じを思い出しますが、ほんとに「女の子」って感じで、あどけない印象が強かったです。

それでも、何かとスゴイと言われて注目されていたんでしょう、スキージャンプという競技に詳しくない人でも、彼女のことを知っているか、見たことある、名前を聞いたことがある、と言う人は少なくなかったと思います。

さて、子供の頃からその才能を見出されて、今回のオリンピックでもひとつの形として銅メダルを持ち帰った、高梨沙羅ちゃんですが、彼女は、動物占いではどんな人だと鑑定されるのでしょう??

高梨沙羅さん、1996年10月8日生まれ、動物占い「どっしりとした猿」・カラー分類「ブラウンの猿」

どっしりとした猿・ブラウンの猿 の性格

自我が強く、自信に満ちていて、強い探求心、強い研究心を持っている人です。周りの人に対する気遣いができますし、要領よく立ち振る舞うこともできます。見た感じは穏やかそうに見られることが多いですが、内面では、競争心の強さがあったり、どんなことにも全力で向かって行くエネルギーを持っている、情熱的な人でもあります。本人が信じていることがすべてというような頑固な考えを持つ一面もあります。ただ、怒りをため込み過ぎると、あるとき急に爆発することにもなり兼ねないので注意です。

ということですが、ご本人としてはどうなんでしょうね。

「見た目が穏やか」でも「内面の情熱」「全力で向かって行く」といった内容なんかは、テレビなんかで拝見する雰囲気や、オリンピックへ出場する力を持っている、なんていうこととピッタリ合うような感じはしますけどね。

いろいろとメディアでは取り上げられることも多くなると思いますが、外野がとやかく言うのは気にしないで、自分のジャンプに磨きをかけていって欲しいなと思いますね!

陣内智則 ✖ 松村未央 「リーダーとなるゾウ」 ✖「 大器晩成のたぬき」の相性は?

陣内智則さんと言えば、かつて人気女優さんとの結婚で話題にされたのですが、結果的には残念な結末に至り、お笑い芸人という職業柄?いろいろいじられたりしていましたね。

いじられて、おいしい・・・とも言いにくい感じもしますが・・・

ですが、2017年には、幸せな結婚をされたようで、陣内智則さんに好感を持っている自分としては、なんだか嬉しいです。

さて、今回のお相手は、アナウンサーの松村 未央とのこと、雰囲気的には、なんとなくお似合いのカップルのように思えるのですが、動物占い的には、どういう鑑定結果になるんでしょう?

まずは、お一人ずつ・・・

陣内智則 1974年2月22日 「リーダーとなるゾウ」

<リーダーとなるゾウの性格>
少々粗削りなところがあるものの、真面目でひたむき、明るい性格。惰性的なことが嫌いで、努力を惜しまず、頑張ることをモットーとしている。あれもこれも、というよりは、ひとつのことに注力するタチです。いつも目標に向かって進んでいき、妥協は許しません。弱音を吐かず、自分に厳しいのですが、同じスタンスを他人に求めがちなところも。

対して、お相手の、

松村未央 1986年6月29日 「大器晩成のたぬき」

<大器晩成のたぬきの性格>
あどけない雰囲気の甘えん坊さんで、性格は控えめ。基本的に受け身なタイプで、人の言うことをしっかり聞きます。でも、本当は、わがままや勝手な行動をしたいという気持ちもあり、束縛は嫌いです。自分を抑えがちなのでストレスが溜まりやすいかも。感受性が豊かで、芸術的なセンスに優れています。中年を過ぎると、スピリチュアルな世界観に惹かれ、人生観が変化することも。

そんな二人の相性はどうかというと・・・

「リーダーとなるゾウ」と「大器晩成のたぬき」の相性

性格的には理解しあえる関係を築けそうですが、恋愛においてはうまくいくとも限らないようです。気持ちがストレートに向き合ってしまうと、引いてしまうかもしれません。ある程度、感情を抑えた形の恋愛ができれば長続きするでしょうが、そんな状態だとなんだか物足りない感じがしてくるかも。ただ、安定した結婚には向いているでしょう。

さて、実際のところはどうなんでしょうか。

過去のことを持ち出すのもヤボですが、当時えらく騒がれたことと比べても、落ち着いた感じで結婚されたようにも思えるし、しかも「安定した結婚には向いている」という診断もあるので、大丈夫なんじゃないかなと思えますね。

末永くお幸せに!

個性心理学と言うと賢そう…

個性心理学研究所の所長である、弦本さんと言う人が編み出したのが、動物占いなんですが、この一連と体系を、個性心理学として世に出すんではなく、動物占い、動物キャラナビ、というネーミングで発表したところは、とてもセンスがいいような感じがしますね。

個性心理学って聞くと、もともと勉強に関心がある人とかは、そんな学問があるのか、なんていうふうに興味を示すかもしれないですけれども、聞く人によっては、なんかややこしそう、難しそうってイメージを受けて、ここまで動物占いが広まっていなかったんじゃないかと思います。

動物、というところが結構ミソな感じもします。私はサルだー、ペガサスってなんか特別っぽい!とかいう感じで、動物キャラそのもののイメージがあるんで、まずは自分のキャラや、友達、恋人、家族のキャラクターが分かったときに、インパクトがありますよね。

いつも強気で偉そうにしている人がいて、もしその人が、こじか、とかだったり、ものすごく大人しいひとが、ライオンだったりすると、まず初めに、へぇ~ってなります。

その取っつきやすさ、親しみやすさはやっぱり広まるキッカケの大きなポイントを占めているだろうなぁと思います。

で、それで興味を持って実際に内容を読んでみると、自分や周りの人の性格が見えてくるし、しかも、恋愛相手として、仕事仲間として、友達として、というふうに、いろんなシーンでの相性が分かってくるので、これまた心をつかむ感じがあります。

動物占いのコンテンツの多さは本当すごいですよね。

マツコデラックス、動物占いでゴールドのペガサスって

マツコデラックスと関ジャニの村上が出ている番組、月曜から夜ふかし、で動物占いが紹介されてたようで。

マツコさんがゴールドのペガサス、村上さんがブラックの猿ってことだったんですが、マツコのゴールドのペガサスは、なんとしっくりくるというか、ほほぉなるほど~と思ったのは、私だけではないんじゃないでしょうか。

自由人でカリスマ的存在とかいう診断結果でしたが、なんとも当たっているような感じがします。

動物占いの分かりやすいところは、動物キャラクターに例えるので、ペガサスなんてある意味、独特な感じがしますし、空を飛べるって、すごいイメージ湧きますもんね。

マツコさん自身も、動物占い面白い!って言ってましたし、マツコさんあんまりお世辞言わないんで説得力ありますね!

それにしても、マツコ・デラックスがペガサスで、しかもゴールドって・・・なんかすごいなぁ・・・