個性心理学、すなわち動物占いは、27時間テレビでも紹介されましたね。

動物占いでは、12の動物、そして細かい性質を含めるとトータル60種類の動物キャラクターに当てはめて、性格などを見ていくんですが、これらのキャラクターは、いろんな大分類に分けられていたりします。

先日書いた記事では、月、地球、太陽というチ3つのグループを紹介していましたが、その他にも大分類があるんですね。

自分軸と相手軸。これは、行動パターンとして、自分中心で行動するか、相手の考えを優先して行動するかの指標です。

目標指向型と状況対応型。目標を設定してから、計画を立てて、それに準じる形で動くタイプと、そのときの状況に応じて動くタイプの区分けです。

未来展望型と過去回想型。過去を忘れてプラス思考で考えるか、過去の経験を重視しマイナス思考で考えるかの分類です。

右脳型と左脳型。どちらの脳を使うかということですが、右脳型は直感的で感性が豊かなタイプ、左脳型はデータや理論を大事にするタイプです。

これらの2分類それぞれも、詳しく見ていくとなかなか面白いです。

地球、太陽は自分軸、月は相手軸、に入るとされています。

あとは、図表で見ていかないとわかりにくいので簡単に。

目標指向型は、サル、黒ヒョウ、トラ、コアラ、ヒツジ、オオカミ。状況対応型がその他です。

未来展望型は、ペガサス、オオカミ、コジカ、サル、チーター、黒ヒョウ。その他が過去回想型。

右脳型は、コジカ、オオカミ、ペガサス、ヒツジ、ゾウ、コアラ。その他が左脳型。

とされています。いろんな側面から見ているので、総合するとカラフルな個性が見えてくる感じがしますね。まさに「個性心理学」と呼んでいる所以かもしれません。

この「個性心理学」という言い方だとなんだか難しそうなんですが、「動物占い」というふうに表現すると、すごくキャッチーになります。

そういえば、2015年の27時間テレビの中の「さんま・中居の今夜も眠れない」の中で、出演者を動物占いで鑑定するコーナーがあり、それによっても、進化版の動物占いが出ている、ということを世に知らしめたかもしれませんね。

若干かぶっている人もありましたが、それぞれいろんな動物に該当していたようで盛り上がりを見せていました。

出演者それぞれがどんなキャラクターだったかは、いろんなところで紹介されてるんで、詳しくは挙げませんけども。

私がいちばんへぇ~と思ったのが、IMALUが「放浪の狼」だったところでしょうか。とくにIMALUファンということではありませんけど、歌うたいしているんですよね。

カバー曲をYou Tubeで歌っているのを見て、いいじゃん、と思っていましたが。

私も、動物占いでみると狼で、「好感の持たれる狼」でした。

同じ狼ということで、動物占い的には基本的な性質は近いものがあるのかもしれませんね。

結構ひとりを好むタイプなのでしょうか。

新動物占いとかも言われますが、同じ動物でも、放浪の、とか、好感のもたれる、とかいったフレーズがつくことで、もともとの12種類の動物が、60種類のキャラクターになっているのが、新動物占い、進化版動物占い、と言われて、人気が再燃しているものですね。

より細かい分類ができて、長く楽しめるコンテンツになっています。かなり楽しめます。

動物占いって実はかなり深い…月・太陽・地球のグループ分け

動物占いの人気が再燃しているのですが、それもそのはず、キャラクターのタイプが60種類増え、より詳しい判定が見れるようになっているのです。

人の性格を動物に当てはめて説明してくれる、というところまでは聞いたことがあると思いますが、この動物たち、これらが月グループ、地球グループ、太陽グループに3分類できることを知っている人はグンと少なくなるんじゃないかと思います。

月グループは、こじか、黒ヒョウ、タヌキ、ヒツジです。この人たちの傾向を動物占い的に見ると、柔らかい光で人を包み込む、というような、協調性を持っている人たちなんですね。

どちらかというと、月のごとく、光を受けて輝くタイプということになり、周りの顔色が大変気になるようです。例えば、恋をしたときは、好きな人になかなか思いを伝えられないようなところがあるようです。

反面、大好きだというふうに言い寄られると弱いみたいです。なので、本当のところは本命でない相手とも付き合ってしまう、なんてこともあると思われます。

直感を武器に自分中心で押しまくってくる傾向がある、太陽の光グループの人たちには気後れしてしまうのですが、実質重視である地球グループのキャラの人たちに対しては、変に頑固に対抗する傾向があるようです。

動物占いの中の地球グループという分類は、オオカミ、サル、コアラ、のようですね。地球というだけあって、地に足がついている感じの人たちみたいです。

自分のことは、全部自分で決めたい性分の人が多いようです。

人に振り回されることはあんまりなく、恋愛についても、相手を本気で好きにならないと始まらないようです。

形のあるもの、実のあるものだけを信じて、考え方というと現実的で等身大で、持ち前の創造力を生かして夢を実現していきます。

太陽グループキャラの人たちの直感的な考えに対しては、バッサリ拒否するのですが、自分の気持ちをはっきり伝えてこない月グループキャラの人は苦手な傾向があるようです。

次に太陽グループ。チーター、ライオン、ペガサスがここに分類されています。

文字通り太陽のように輝いていたいために、人前で弱音を吐くことは無いようです。権威があること、ものが好きで、キーワードは、すごい、絶対、面倒臭い、という感じです。

恋愛については、相手とのフィーリングやその時々の気分次第で決まってくるようです。

月グループのキャラの人たちには、その場のノリで圧倒する傾向がありますが、地球グループキャラの人のような堅実さには、うんざりしてしまいサジを投げる感じになるようですよ。

ペガサスが気になる動物占い

動物占いの中で、どうも違う種類のように思えるペガサス。

細かいことを言えば、黒ヒョウとかも、なんで黒を選んだんだろうとか思いますけど、まだ実際にいる動物なのでオーケーとして。

気になるので、動物占いのペガサスの分類を書き出してみますね。4通りありますよ。

落ち着きのあるペガサス
強靭な翼を持つペガサス
波乱万丈なペガサス
優雅なペガサス

となっていますね。

最新版になる前、リニューアルする前の動物占いでは、ペガサスとして1種類だったわけですが、より詳しく分かれました。

全体としては、ダラダラ〜っと書き出しますと、
天気屋、気分屋ですがそのことを隠さない。
調子が良い時と悪い時の差が大きい。
平凡なところがほとんどだか、長所だけがズバ抜けている。
ピンッと来るときの完成度がスゴイ。
いちいちこと細かく指示を出されなければ出来ない。
束縛されるような環境に弱い。
自己中心的。
根拠の無い考え方をする。大げさ。面倒臭がり。
断られる前に断る。
自分のことが分かっていない。
後ろを人が通るだけで気になる。
…。

こう見てみると、ペガサス、ふむふむなるほどなぁ、一緒いると面白そうだけれども、何ともつかみどころのない感じの性格という感じでしょうかね。

でも、これに対してさっき挙げた4通りの性質が追加されるので、またいろんなタイプになって出てくるわけです。

他の動物との相性とかもあるんでさらに面白いし、飽きないですな、これは。

動物占いの種類

動物占いの最新版では、ウチに置いてあった本を見た感じでは、動物の種類そのものは変わってないように思いました。

◯◯なゾウ、バツバツのペガサス、という感じで、前に性格を示す言葉が幾つかくっついて種類が増えているみたいです。

オオカミ、コジカ、チータ、サル、黒ヒョウ、ライオン、トラ、タヌキ、コアラ、ゾウ、ヒツジ、ペガサス、というのがあります。

僕としては、ちょっと面白いというんか、ん?と思うところに、シカじゃなくてコジカ、ヒョウじゃなくて黒ヒョウ、コアラを持ってきますか、とか言いたくなる感じがあります。

有名で人気がある動物ではあるけれども、コアラってそんなにこういう分類に出てきそうにないイメージがあったものですから。

はじめの12分類するときに、これらがちょうどいいイメージの動物たちだったんでしょうかね。

で、お気づきの方も多いと思いますが、この12種類の動物の中で、明らかに仲間はずれというのが、違う種類のやつが混じっていますよね。

そう、ペガサスという、なんと架空の生き物が出てきています。なんでまたペガサスを入れたのかなぉと興味がわいてきます。

動物キャラナビの言わんとするところによると、ペガサスは、気分屋さん、天気屋さんでありつつもそれを隠すことをしないし、調子のいい時と悪い時の差が激しい、というような性格であるという感じで書かれていました。

架空の動物を登場させることで、この読めない感じの性格を表したかったという具合でしょうか。

オモロイですね。

動物占いと四柱推命

なぜかしらウチに動物占いの本が置いてありまして、パラパラとメージをめくってみました。

昔流行ったときより、どうやら分類が増えた形で更新されたようです。当時ブームになったのがいつ頃だったか忘れましたけど、そのときは、動物の種類だけのタイプ分けになっていたと思います。

今回は、統率力のあるライオン、みたいな感じの修飾語がついて、全部で60種類のタイプに分かれていました。ここまで分けると、必然的にかなり詳しい説明になってくるでしょうね。

ところで、動物占い。生年月日と性別を入れるだけで基本的なところは占えるわけですので、生年月日占いとも言えると思います。

本には四柱推命をベースにしているとの話もありましたが、もともとの四柱推命は、年、月、日、時が必要不可欠で、よく時間を入れないものは、別物だという説明も見たことがあります。

なので、動物占いは、四柱推命と関係なくは無いけれども、四柱推命ではない占いということになるかと思います。

このあたりは、何をベースにしていようが人のためになるものであれば拘る必要はないと思うんですけどね。

最新の動物占い、動物キャラナビは、かなり詳しく分析できるので、自分の内面、無意識でまだ未開拓部分に目を向けたりする、キッカケにするのもいいかもしれません。