あまり見ない連ドラですが「東京タラレバ娘」はどんな仕上がりに!?

あんまり普段はドラマって見ないんですけど、たまたま見はじめて、ついつい先が気になった最近のドラマでは、北川景子主演の「家売るオンナ」。

個人的には、ちょっとドタバタ感があり過ぎかなぁとか思ったのですが、ウィッシュ♪DAIGOとの結婚で話題になりましたが、結婚してから初の主演ドラマということで、注目を集めたみたいです。

そんな北川景子さんは・・・

1986年8月22日生まれ、「頼られると嬉しいひつじ」
「頼られると嬉しいひつじ」の性格診断

多少のことでは目標を諦めない強さを秘めています。世話好きで、頼まれ事は断れないタチで、世のため人のために生きたいと考える、正義感のある情熱的な人です。優しくボランティア精神を持っていて、助け合いに幸せを感じます。しっかり者で、合理的な計画を立てることができ、ここぞというときに持ち前の能力を発揮できます。自分なりの価値観を持ちつつ、客観的な判断をします。相手の価値観を認めながら、まずは信じることから付き合いを始めます。

「家売るオンナ」は先日、最終回を迎えて終わってしまいましたが、今度注目かなと思っているのが、東村アキコの漫画「東京タラレバ娘」がドラマになるんですよね。

気になる主演は、吉高由里子さんだそうです。

東村アキコさんの漫画は、かなり面白いので、ドラマでどういう形でアレンジされるのかも関心が湧きますね。

主人公の凛子、いや、主演の吉高由里子さんの動物占いは・・・
1988年7月22日生まれ、「どっしりとした猿」

「どっしりとした猿」の性格診断
強い自我を持っており、自信のある人で、探求心、研究心の強さで右に出るものはなかなかいません。周りの人の対する気遣いができ、要領もよく、うまく立ち回ることができるタイプです。見た感じは穏やかそうな人が多いですが、実は、とても情熱的で、あらゆることに全力でぶつかっていくエネルギーを持っています。自分の信じるものがすべて、と考えがちな頑固な一面もあるようです。

吉高さん、見かけとは違い?なかなかパワフルな方なのかもしれませんね。

「東京タラレバ娘」どんな仕上がりになるのか楽しみですね!

SMAP解散のニュース、影響すごい・・・やっぱり国民的アイドルなんですね。

SMAP解散・・・

やっぱりさすがは国民的アイドルのSMAP、連日ネットでもテレビでも取り上げられていて、その影響が計り知れないことを物語っているようです。

年末に解散・・・ということが言われていますので、まだまだこれからもいろいろと言われるのでしょうね。

さっそくウィキペディアにも、「2016年12月31日をもって解散」という情報が掲載されていました。

いろいろと、SMAPメンバーの関係性が言われていて、情報が錯綜するところではありますが、動物占いという固定した鑑定で見てみるのもひとつのアプローチかもしれませんね・・・

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

中居正広、1972年8月18日生まれ「デリケートなゾウ」
親分肌で、人とは腹を割った付き合い方をするので、信頼度が高く、どこにいてもリーダーシップをとって輪の中心的存在になります。周りに気を遣い過ぎるところも。プロ意識が高いため妥協は絶対に許しません。常に目標に向かって努力をすることが好きで、不言実行タイプです。流行や世間の動きに敏感に反応し、最善の道を選択、コツコツと着実に成果を上げていきます。

木村拓哉、1972年11月13日生まれ「サービス精神旺盛なコアラ」
フランクで身近さを感じさせる面がありつつ、気品と教養を感じさせる人です。何ごとにおいても、直感と実践を尊重、行動的な性格でありつつ、要領の良さが加わって、どんなことも素早く習得してしまいます。自分には厳しいところがあり、世俗的な欲望には無関心。スジが通らないこと、権威主義をハッキリ嫌う反骨精神を持ち合わせていて、強い闘争心を秘めています。いくらか神経質できれい好きなのは長所ではありますが、それを周囲の人に強要するところは欠点でしょうか。人に頼まれるとイヤとは言えない人情家でもあります。

稲垣吾郎、1973年12月8日生まれ「どっしりとした猿」
どんなことをやっても器用にこなせるタイプ。楽天家でもあり、あらゆることをゲーム感覚で楽しめます。独特の鋭いカンで、世の中の流れを先取りします。臨機応変な対応ができ、素早い行動が自信となって態度に表れます。人生に対しても、とても意欲的、野心的でもあり、いちばん効率のよい方法を選択する能率主義者でクールな人です。

草彅剛、1974年7月9日生まれ「品格のあるチーター」
社交上手で気さくな性格、誰とでも打ち解けることができる朗らかな人です。常に細やかな気遣いをして相手の気持ちを素早く読み取ります。さらに、相手には知られないようにしながら配慮することができます。とはいえ、その内面ではプライドが高くて勝気、人の好き嫌いも実はハッキリしています。突然ひらめいて独特のアイディアを出したと思えば、目標達成のために後にひかない精神力があります。また、人から何か頼まれると断れないお人よしでもありますが、あわてん坊なところがあるのが難点です。

香取慎吾、1977年1月31日生まれ「穏やかな狼」
誇りを高い孤高の精神を持っています人です。正義感が強くて素直さのためかか、ズケズケと物を言いすぎてしまい相手を傷つけてしまう場合もあるようです。本当は明るくて天真爛漫、義理堅い、面倒見がよい、人に尽くすことが大好き、といった性格です。人から頼み事をされると断れずに何でも引き受けてしまい、ときに利用されてしまうことも。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

なんとなく個人的にはテレビ越しで見るSMAPメンバーのイメージと合っているような感じがします。

今となっては切ない状況かもしれませんが、それぞれの今後の活躍に期待したいと思いますね。

動物占い「ペガサス」の親友とストレスを感じる人

動物占いの「ペガサス」の人が、親友だと感じるキャラとストレスを感じてしまうキャラは?

「ペガサス」の親友となりやすい動物占いキャラは「チーター」

センスの良いことが大好きで、いつも刺激を必要としているペガサス、対して、常に恰好つけていたいタイプで、新しいものが大好きなチーター。

この組み合わせは、出会ったときに火花が走る!なんていうこともあり得ます。

気分屋のペガサスと、火がついたら突き進むチーターなので、好奇心の向く方向が同じであれば、楽しいことだらけです。

ペガサスからすると、結婚相手としては、チーターよりももっとどっしり感のある人がいいかな、などと思ったりしますが、チーターとは遊ぶことが大好きな仲良し友達カップルになります。

ペガサスは、恋人の心がこちらに向いて入ればOKなので、チーターが少々浮気をしたとしても、自分が束縛されることを考えると、逆に好都合であったりもするようです。

「ペガサス」のストレスを感じやすい動物占いキャラは「黒ひょう」

感受性が強く、センスの良い黒ひょうは、情緒的な話題やアートなことを話せる、ペガサスにとっては数少ない相手です。

ペガサスは、内面はナイーブなのに虚勢を張っている黒ひょうのことを理解している気分になり、恋に落ちることもあります。

ですが、黒ひょうの、お人好しで、いいカッコしぃで、人の黒馬でしょい込んで、影でクヨクヨとこだわったり、世話焼きが膨らんで何かと指図してくることに、ストレスを感じ始めます。

黒ひょうからしても、ペガサスは好きなのですが、邪魔だと感じるになりがちです。

それぞれの性格を詳しく見るにはこちらのページへ♪
ペガサスの性格
チーターの性格
黒ひょうの性格

動物占い「ひつじ」の親友とストレスを感じる人

動物占いの「ひつじ」の人が、親友だと感じるキャラとストレスを感じてしまうキャラは?

「ひつじ」の親友となりやすい動物占いキャラは「コアラ」

みんなと仲良くしたいと思っているひつじにとって、争い事を嫌い、苦手な人とでも割り切って付き合えるコアラは、とても大切な友達です。

コアラの方も、ひつじの情報分析力、面倒見のよさ、といったものは自分にとってメリットがあると計算して、ひつじの長い愚痴を聞いてあげたり、また、遊びに誘ったりして、マメにサービスをします。

ひつじもコアラも、恋愛に対しては熱心な方で、いろんな機会を逃さないタイプです。

コアラのアタックから恋が始まることが多いのですが、ひつじとの関係で言えば、お互いに違う相手に目移りして、短い関係で終わる場合が多そうです。

とはいえ、恋が終わったとしても、ひつじにとってコアラは、男女の枠を超えた親友であることは続きそうです。

「ひつじ」のストレスを感じやすい動物占いキャラは「狼」

ひつじは、和を大切にするので、それを乱す人が嫌いなのですが、そういう点で、何かとマイペースで個性派の狼だけは、ちょっと違うふうに映ります。

自分とは全く違うがゆえに、理想の相手だと錯覚するのです。

はじめは持ち前の面倒見の良さを発揮して、集団から孤立しがちな狼をフォローしようと奮闘します。

ですが、ひとときの盛り上がりが落ち着くと、狼の、頑固者で人の和など意に介さない狼は、ストレスを感じる対象となります。

狼からすれば、勝手にひつじがひとりで騒いでいた、というだけとなりそうです。

それぞれの性格を詳しく見るにはこちらのページへ♪
ひつじの性格
コアラの性格
狼の性格

動物占い「ゾウ」の親友とストレスを感じる人

動物占いの「ゾウ」の人が、親友だと感じるキャラとストレスを感じてしまうキャラは?

「ゾウ」の親友となりやすい動物占いキャラは「ペガサス」

不器用だけれども、仕事や好きなことに対して一途に出会うと、ペガサスは、自分とよく似た人だ、と思い、恋心を抱きます。

重量のあるゾウと、空を飛ぶペガサスなら、抜群の相性なのだろうと、イメージ的にひらめくのでしょう。

反対に、ゾウの方は、思ったことをすぐに口に出したり行動に移したりということが出来ないので、それを自然にやってのけるペガサスに、憧れとも言えそうな好意を抱きます。

ただ、時間が経つにつれ、臆病で重い雰囲気のゾウに、ペガサスの方が、まるで足かせをはめられたような気分になったりして、感情をストレートにゾウと一緒にいることに、息苦しさを感じます。

ですが、ペガサスの方が、ゾウの誠実さを気に入ると、親友関係のような結婚、ということもあり得そうです。

「ゾウ」のストレスを感じやすい動物占いキャラは「こじか」

ゾウは、意地を張ってでもあらゆることを自分ひとりで解決していくしかなく、人に甘えることができません。

甘えることが上手なこじかのことには、本来目を向けないのですが、いざ、こじかに言い寄られて、甘えられると、普段ほとんど人から甘えられるようなことがないゾウは嬉しくなって、保護者気どりになります。

しかし、時間が経つと、わがままばかりで人を振り回すこじかのことがストレスに感じてきて、やっぱり自立していない人はイヤだ、と思ってしまいます。

それぞれの性格を詳しく見るにはこちらのページへ♪
ゾウの性格
ペガサスの性格
こじかの性格