カラー分けが加わっていて動物占い愛用者のすそ野が広がった?

動物占いにカラーによる種類分けが加わって、また面白くなりましたね。

狼、こじか、ひつじ、黒ひょう、チーター、トラ、ライオン、ゾウ、たぬき、コアラ、ペガサス、猿、の12種類の動物に、性格をあらわす言葉がついて、全部で60種類の性格分類になっていたかと思いきや、ついこないだ、テレビ番組「月曜から夜ふかし」で、マツコ・デラックスと関ジャニの村上が紹介していた動物占いでは、カラーによる部類での、60種類が紹介されていました。

これによると、マツコ・デラックスはペガサスのゴールド、関ジャニ村上は猿のブラック、に当てはまるということでした。

動物12種類、カラーが10種類なんですが、各動物につくカラーは10色全部じゃ無いんですよね。

こじか、チーター、ライオン、ペガサス、たぬき、ゾウにつくカラーは・・・
グリーン、イエロー、シルバー、ゴールド。

ひつじ、コアラ、猿、黒ヒョウ、コアラ、トラのカラーは・・・
ブラウン、オレンジ、レッド、ブルー、パープル、ブラック。

・・・となっています。

ちなみに私は、狼のブラックに当たるようで。別の言い方で言えば、好感を持たれる狼、でした。

動物占いは進化して行っているみたいで、マツコ・デラックスと関ジャニ村上が紹介していたときも、2015年版動物占い、と言っていたようなので、今年は改めて、2016年版動物占いとしてどこかで紹介されるかもしれませんね。

また何か面白い分類が増えたりすることがあるかも知れません。たまにチェックしてみると、またバージョンアップされているかも♪

動物占いは膨大な資料から判定される性格占い

最新の動物占いは、60種類の動物キャラクターが設定されていて、人の生年月日の数字を簡単な計算式を使ってあるひとつの数字を出し、それに当てはまる動物は何か、ということで鑑定するものです。

生年月日で判断をするというのは昔からある、四柱推命のような占術が近いものと思われますが、実際に動物占いの紹介などをネットで見ていると、四柱推命をベースにしているということが書かれてありました。

これって要するに統計学的なジャンルに入ってくるようですね。

もともと中国から伝わった鑑定手法だそうなのですが、その歴史もそうですが、億単位の人のデータから導き出した傾向を示しているとのことで、それがベースになっているというのは、驚きです。

動物占いは、この古くから伝わる占術を、現代版として、現代似合う形で、体系化し直したものということです。

社会環境や暮らしの形式が相当に変わってきているので、いくら歴史があると言っても、統計学ということであれば、こういった現代版への見直し的な作業は必要になるものだろうと思います。

性格診断に使える動物占いですが、2人の相性も見ることができます。

単純に60×60通りですと、3600通りの相性の種類があることになりますね。

動物占いを極めようと思うといっぱい勉強がいりそうです…^^;

27時間テレビに出ていた芸能人の方々のキャラ

27時間テレビの話はいろんなネタでまいど盛り上がりますが、このブログと大いに関係するのが「さんま・中居の今夜も眠れない2015」の中でとりあげられていた動物占いですね。

動物占い好きの自分としては、おお~っ来たな~って感じがしてうれしかったです。

動物占いの楽しみ方って人によっていろいろあると思います。

仲間内で自分のキャラクター言い合って、当たってる!とかこれはちょっと分からないなぁとか、自分では当たっていないと思っても、周りからすれば、そういうとこあるある~とか言ってやるのもいいですよね。

自分のことをじっくりと見直す機会にもなるかもしれません。

動物占いは、途方もないデータベースから人の性格、運気などを鑑定するのもですが、自分の性格として内在しているものを客観的にみることができる切欠になるので、なにか気づきが得られるかもしれません。

また、27時間テレビ「さんま・中居の今夜も眠れない2015」でやられていましたが、芸能人がどの動物キャラに該当するか、自分と同じ動物キャラの人を知って、へぇ~ってなるのも楽しいものです。

ちなみに、27時間テレビに出演していた芸能人のキャラクターはこんな感じでした。

明石家さんま⇒慈悲深い虎、慈悲深いってのがいいです。

ビートたけし⇒気分屋の猿、世界の北野にサルって…。

中居正広⇒デリケートなゾウ、デリケートなところはあるんでしょうけどゾウなんだ。

岡村隆史⇒感情豊かな黒ひょう、なにか感受性が豊かそう。

矢部浩之⇒デリケートなゾウ、仲居くんと同じなんだね。

大竹しのぶ⇒波乱に満ちたペガサス、イメージがすごい合っている気がする。

IMALU⇒放浪の狼、この方、明石家さんまさんと大竹しのぶさんの娘さんでミュージシャンの人ですよね。

小島瑠璃子⇒どっしりとした猿、アイドルタレントで猿って面白い。

青木裕子⇒しっかり者のこじか、矢部ちゃんとは合うのかな?

さてさて皆さんと同じキャラの芸能人はいましたでしょうかね。動物占い面白いですよ。

進化版動物占いの60種類のキャラ

動物占いに出てくる12の動物を見てきましたが、最新版・進化版の動物占いでは、これらをさらに性格別に細かく分けて、60種類のキャラクターになっているんですね。

どんな分類になっているか、これも改めて一覧にしてみます。

ネアカの狼。
放浪の狼。
クリエイティブな狼。
穏やかな狼。
順応性のある狼。
好感を持たれる狼。

こじか

正直なこじか。
強い意志を持ったこじか。
しっかり者のこじか。
華やかなこじか。

落ち着きのない猿。
大きな志をもった猿。
どっしりとした猿。
気分屋の猿。尽
くす猿。
守りの猿。

チーター

長距離ランナーのチーター。
全力疾走するチーター。
足腰の強いチーター。
品格のあるチーター。

黒ヒョウ

面倒見の良い黒ヒョウ。
情熱的な黒ヒョウ。
落ち込みの激しい黒ヒョウ。
感情豊かな黒ヒョウ。
気取らない黒ヒョウ。
束縛を嫌う黒ヒョウ。

ライオン

我が道を行くライオン。
統率力のあるライオン。
感情的なライオン。
傷つきやすいライオン。

愛情あるれる虎。
動き回る虎。
ゆったりとした悠然の虎。
楽天的な虎。
パワフルなとら。
慈悲深い虎。

たぬき

社交家のたぬき。
磨き上げられたたぬき。
大器晩成のたぬき。
人間味あるれるたぬき。

コアラ

フットワークの軽いコアラ。
母性豊かなコアラ。
コアラの中のコアラ。
活動的なコアラ。
夢とロマンのコアラ。
サービス精神旺盛なコアラ。

ゾウ

人気者のゾウ。
デリケートなゾウ。
リーダーとなるゾウ。
まっしぐらに突き進むゾウ。

ひつじ

協調性のないひつじ。
物静かなひつじ。
無邪気なひつじ。
粘り強いひつじ。
チャレンジ精神旺盛なひつじ。
頼られると嬉しいひつじ。

ペガサス

落ち着きのあるペガサス。
強靭な翼を持つペガサス。
波乱に満ちたペガサス。
優雅なペガサス。

これら60種類の性格を細かく説明されているだけじゃなく、相手の生年月日さえ分かれば、相性も鑑定出来るのが嬉しいですね、ほんと面白いです。

動物占いのキャラクター、ゾウ、ヒツジ、ペガサス

12種類の動物占いキャラ、最後の3つです。

ゾウ
自分がダメだと判断したものには挑まない。
努力家と見られるのを嫌う。
細かい計算が苦手。
スタンドプレーになることが多い。
キレたときにとても怖い。
人の話は聞かない。
根回しするのが得意。
未来は考えない。
報告、連絡、相談ができない。
問題発言が多い。
常時何かに打ち込んでいたい。
その道のプロ、職人でありたい。

ヒツジ
感情的になることが多い。
情報収集が大得意。
客観的な配慮、気配り上手。
好き嫌いが激しい。
ボヤキやグチを言うことが多い。
貯金が好きでお金についてはキッチリしている。
人に気を使われるととても喜ぶ。
人から相談を受けると喜ぶ。
はっきりとものが言える。
和を乱す人のことを嫌う。
本当の自分は見せない。約束は必ず守る。

ペガサス
天気屋、気分屋なのだがそれを隠す気はない。
わがまま。
長所はすごいけれども後はごく普通。
大の面倒臭がり。
細かい指示をされると嫌がる。
人の話にうなずきながら別のことを考えている。
人を使うのが上手。
豪華絢爛な雰囲気。
大げさな人が多い。
根拠のない考え方をすることが多い。
社交辞令が大得意。
ノッているときとそうでないときの差が激しい。