個性心理学と言うと賢そう…

個性心理学研究所の所長である、弦本さんと言う人が編み出したのが、動物占いなんですが、この一連と体系を、個性心理学として世に出すんではなく、動物占い、動物キャラナビ、というネーミングで発表したところは、とてもセンスがいいような感じがしますね。

個性心理学って聞くと、もともと勉強に関心がある人とかは、そんな学問があるのか、なんていうふうに興味を示すかもしれないですけれども、聞く人によっては、なんかややこしそう、難しそうってイメージを受けて、ここまで動物占いが広まっていなかったんじゃないかと思います。

動物、というところが結構ミソな感じもします。私はサルだー、ペガサスってなんか特別っぽい!とかいう感じで、動物キャラそのもののイメージがあるんで、まずは自分のキャラや、友達、恋人、家族のキャラクターが分かったときに、インパクトがありますよね。

いつも強気で偉そうにしている人がいて、もしその人が、こじか、とかだったり、ものすごく大人しいひとが、ライオンだったりすると、まず初めに、へぇ~ってなります。

その取っつきやすさ、親しみやすさはやっぱり広まるキッカケの大きなポイントを占めているだろうなぁと思います。

で、それで興味を持って実際に内容を読んでみると、自分や周りの人の性格が見えてくるし、しかも、恋愛相手として、仕事仲間として、友達として、というふうに、いろんなシーンでの相性が分かってくるので、これまた心をつかむ感じがあります。

動物占いのコンテンツの多さは本当すごいですよね。

マツコデラックス、動物占いでゴールドのペガサスって

マツコデラックスと関ジャニの村上が出ている番組、月曜から夜ふかし、で動物占いが紹介されてたようで。

マツコさんがゴールドのペガサス、村上さんがブラックの猿ってことだったんですが、マツコのゴールドのペガサスは、なんとしっくりくるというか、ほほぉなるほど~と思ったのは、私だけではないんじゃないでしょうか。

自由人でカリスマ的存在とかいう診断結果でしたが、なんとも当たっているような感じがします。

動物占いの分かりやすいところは、動物キャラクターに例えるので、ペガサスなんてある意味、独特な感じがしますし、空を飛べるって、すごいイメージ湧きますもんね。

マツコさん自身も、動物占い面白い!って言ってましたし、マツコさんあんまりお世辞言わないんで説得力ありますね!

それにしても、マツコ・デラックスがペガサスで、しかもゴールドって・・・なんかすごいなぁ・・・

動物占いを極めようと…

動物占いを極めようと思ったら、実際のところはこれはなかなか難しいと思えます…

というのも、調べれば調べるほど、内容が深い、コンテンツが豊富過ぎて、途中で諦めてしまう感じになるほどです。

世間一般的によく知られている内容としては、生年月日から自分が当てはまる動物キャラがなにかっていうのが分かって、当たってるとか、当たってないとか楽しむ感じか、あるいは、彼氏、彼女のキャラクターを確認して、相手がどういう性格が見てみるって感じでしょうか。だいたいこんなところで終わっているんじゃないかと思います。

ところがこの動物占い、これくらいじゃないんですよね。個性心理学という呼ばれ方もあるんですけど、まさに学問と言っても過言ではないような内容ですし、すごく体系化されているんです。しかも、心理学的要素も多分に含まれているようですしね。

で、性格診断として使っている人は多いと思いますが、相性が分かるって言うのもみんな知っているんでしょうかね。新動物占いとしてパワーアップしてからは60種類のキャラになっているわけですから、単純計算なら、60種類×60種類の360通りの相性になるわけです。

それにここからは少しマニアックになってくるかもしれませんが、本来の人の性格を動物占いできっちり分析しようと思うと、実は、一人の人間は、4つの動物で表現されるべきものだということなんです。

例えば自分が「ネアカの狼」だったとして、ん?あんまり当てはまらない気がする…と思っても、動物占い自体が当たらないのではなくて、調べ方が表面的だということもできるかもしれません。

とにかく、動物占いは内容が深いので、興味ある人は一度時間とって調べてみると、ほんとちょっとした心理学の勉強みたいな感じで面白いかもしれませんよ。

新動物占いの楽しみ方のひとつ

新動物占いの楽しみ方のひとつとして、芸能人、有名人の性格鑑定はアリですよね。

ある意味、人のことはまぁ置いておいて、ということでもあるんですが、私なんかですと、ドラマや映画の役と、新動物占いの診断結果などを照らし合わせたりして、その俳優さん、女優さんの配役との接点とかを思い浮かべたりしつつ、作品を楽しむなんてことは、なかなか面白いなと思います。

あと、直接的に芸能ニュースを楽しもうと思うなら、芸能人のカップル誕生や結婚、離婚、お笑い芸人コンビやグループの人たちの新動物占いでのキャラクターを調べてみて、ニュースに出てくる出来事と、それらを比較してそのシナリオを想像するなんていうのも、一味違った見方になって面白いと思えます。

こないだ記事にも書きましたが、福山雅治と吹石一恵の結婚報道は、芸能界ではビッグニュースだったのかなぁなんて思います。

ちなみに、福山雅治は、ゆったりとした悠然の虎、に当たります。一方、吹石一恵は、我が道を行くライオン、に相当するようです。

新動物占いは、その人の生年月日が分れば診断ができるのでとてもお手軽です。

さらに、この二人の相性は…って感じで調べていくと、ひとつのニュースで2度楽しめる、みたいな感じですかね。

新動物占いの触りの部分は無料占いとして提供されていますけども、詳しく、深いところまで見たいと思うと、有料コンテンツになります。

ただ、新動物占いの内容は、かなり深いところまで鑑定できるので、そのボリュームからして、月々数百円という値段を考えると、お得な感じにさえ思います。

好みはあるでしょうけども、新動物占いはかなり長く楽しめると思います(^^)

新動物占いのことをYouTubeで説明している講師のような人がいた

新動物占いのことなのだと思うのですが、YouTubeで紹介している人がいました。

たとえばこんな感じで。

といっても、個性心理学研究所の所長である、弦本さんではないので、どういった関係の方なのかは分かりませんけど。

たまたまその人が、狼の性格について話をしているのを見かけて聞いていましたが、新動物占いの性格診断の部分とかを、詳しく紐解きつつ、それをセミナーのような形で、話をしているということを言っておられましたね。

確かに、新動物占いの内容の深さは、ひとつのキャラの性格診断のところだけを取ってきても、ちゃんと見ようと思うと、相当に内容が深いので、チラ見だけでは、上澄みをすくったような感じになると思います。

動物占いは、生年月日から占うものなので、普段、サイト内でも設置されている、無料でできる占いで、自分のキャラと概略の診断結果は調べることはできます。

それで何となくの性格が分かって、当たってる、当たってない、といった楽しみ方くらいはできると思いますし、そういう楽しみ方もいいと思います。

ただ、このあと、というか、これを掘り下げていくことをしないと、本当の新動物占いの深さを享受出来ていないということが言えると思います。とにかく内容が深いわけで、たぶんほとんどの人がそんなに濃いの?って知らないことが多いだろうと思います。

ただキャッチーなだけではないところ、触りだけだとなんか勿体無いような気がします。