動物占い、動物キャラナビ、個性心理学

動物占い、動物キャラナビ、個性心理学、今また注目されているコレ、いろいろな呼ばれ方がありますけれども、やっぱり動物占いというのが個人的には馴染みやすい感じがします。

この動物占い、本やインターネットの情報などでいろいろ調べていると、動物の種類は12種類、性格別に分けたものを総合すると、60種類のキャラクターとして、性格分類がなされています。

過去に流行ったときは、動物の種類分けだけで12タイプだったのですが、ここ数年で出てきた最新動物占いは、60種類にパワーアップしたわけです。

個人の性格を深く分析してみるのにとかく参考になるものなのですが、ちゃんと内容を見ていくと、そのコンテンツの豊富さに驚かされるのです。

基本は、オオカミ、サル、コジカ、チーター、黒ヒョウ、ライオン、トラ、タヌキ、コアラ、ゾウ、ヒツジ、ペガサス、この12分類。これらがさらに、4タイプか6タイプに分かれて、60種類になるというわけです。そしてこの60種類に対して、詳しい性格診断がなされているのです。

ここからがまたすごいのですが、これらのタイプに対して、相性の分析までできてしまうのです。確かに個人のことがよく分かってくると、人と人の関係性も見えてくるというのは、理にかなったことだとは思います。

個性心理学を体系化した創始者は、動物占い、動物キャラナビによって、人同士がより良い関係の中で生きていけることを望んでいるとのこと。そんな社会、目指したいですね。

 

動物占いで性格診断から相性占いまで!

動物占い、動物キャラナビは、個人の性格を診断、鑑定、占うものなのですが、性格の傾向が分かると、人と人との相性も見えてくるのです。

いま、あなたは、友達、恋人、家族など、自分を取り巻いている人間関係で悩んでいることはないでしょうか。そういうことの根本的な原因としては、相手のことだけでなく、自分のことも分かっていないということがあるのかもしれません。

自分ということを考えたときに、自分だけが知っている自分、自分も人も知っている自分、人だけが知っている自分、誰も知らない自分、という4つの側面があると思われます。これらのうちで自分が知っているのは半分だけなのですね。

よく、誰も私のことを分かってくれない、あの人と付き合うために私は無理している感じがする、どうしてあの人はいつもあんななんだろう、普通ならこうなのに・・・ということは多々あることかと思います。

こういう悩みというのは、知らないうちにストレスをため込む原因にもなってしまいます。動物占い、動物キャラナビの豊富な性格診断内容によって、自分も他人も知っていき、周りの人たちとよりよい関係を築けるようなことになれば、とても素晴らしいことだと思います。

自分を知り、相手を知ることは、生きていくうえでとても大切なことだと思います。動物占い、動物キャラナビ、個性心理学がそれの一助となってくれるのではないでしょうか。

動物占いは、動物キャラナビ、個性心理学とも。

動物占い、としてかつて大流行した性格診断の占いですが、いままたその人気が再燃しているようですね。動物占いという言い方で親しまれていますが、最新版の動物占いは、動物キャラナビ、個性倫理学、というキーワードで広まっているのでしょうか。

当時流行ったときには、動物の種類が12種類であったのに対し、現在広まっているものは、パワーアップして、60種類のキャラクターで、性格を細かく診断できるようになっています。

知らない人のために、動物占い、動物キャラナビ、個性心理学というのは、どういう占い方法なのか、簡単に書いてみます。

バースデーサイエンス、なんて説明されているものもありますが、誕生日をもとに個性を詳しく分析するものです。誕生日というのは1年に1回やってくるものですよね。地球が一回転して1日、地球の周りを月が1周して1か月、太陽の周りを地球が1周して1年。誕生日というのは、月、地球、太陽が、ある特別な位置関係にあるとき、と言えます。

たくさんのデータ検証で、動物占い、動物キャラナビ、個性心理学では、命が生まれたときの、太陽と月の位置関係が、人の性格に多大な影響を及ぼしていると考えているのです。

それに加えて、四柱推命、行動心理学などの要素も織り混ぜ、心の科学として体系化され、動物キャラクターに当てはめるという形をとったことで、とても親しみやすいものになったんです。

動物占い、動物キャラナビ

動物占いが再ブレイクしているんですが、最近聞いたことないでしょうか。そういえば昔、嫁さんが動物占いをしてくれて、自分が「狼」、嫁が「虎」だっただったということを覚えていたんです。

で、今また改めて話題になってきている動物占いでは、かつての12種類の動物それぞれに対して、さらに4つか6つのタイプに分類されていて、トータル60種類で性格を占えるということになっているようです。

初めに動物占いと聞いたときに、何でも間でも組み合わせればいいってもんじゃないでしょ、なんて少し怪訝な感じのイメージを持っていたものですが、かつてのものの判定結果を読でだときに、ん?当たるもんだな、という感想でした。言われてみて大筋当たっているというか、思い当たるところがある内容になっているんです。

ここからさらに細かい診断ができるとなれば、普段そんなに占いというものに関心を持っていなくても、なんだなんだと興味を惹かれます。

この“新”動物占いとでも言いますか、パワーアップした動物占い、昔のものよりも詳細を述べてくれるものですが、それも、なるほどと思える内容です。

若い人向けに動物で表現してみようという発想から、動物占いという呼び名になっているように思われますが、四柱推命などの占術がベースにあるようです。

動物占いは、伝統的な占いと現代に合わせた心理学的なアプローチで大成された診断方法と言えそうです。とても面白いのでオススメです。

四柱推命

四柱推命という名前は一度くらい聞いた頃があるかもしれません。

もともとは中国で生まれたもので、陰陽五行説をもとに、人の運勢を推察する方法です。ただ、この四柱推命という呼び方は、中国の原書には出てこないそうで、類似のものについては、命学、命理、などと呼ばれているらしいです。四柱推命は、日本独自の呼び方であると思われていますが、英語でも、Four Pillars of Density(Astology)などと訳されているようで、世界的に用いられている占術のようです。

四柱というからには、4つの要素があるわけですね。これは生年月日で、年、月、日、時、の4つの干支を柱として、その人の生まれついた可能性を推し量ろうとする占術なわけです。それぞれ、年柱、月柱、日柱、時柱と言われています。

生年月日は知っていても、時間までは分からない方が多いように思いますが、時柱を省いて、三柱推命なんていう方法も多くやられているようですが、本家本元の中国の原書からは、時柱を除外して三柱ということはまったく書かれていないらしく、四柱推命とは別物と考えるべきだという意見があるようです。四柱推命には、4つの要素が必要不可欠の項目とのことです。

東洋占術、東洋発祥の占いというのは、やはり歴史が長い中国の影響はかなりあるようですね。