動物占いって、カラー分けがメジャーなんでしょうかね。

動物占いって聞くと、今は、だいたいの人が「なつかしい~」と思う人が多いかもしれませんね。

でも、実は水面下?というか、脈々と?話題に上がっているのです。

ここ数年の間で比較的記憶に新しいのは「さんま中居の今夜も眠れない!」とか、マツコデラックスと関ジャニ村上くんがホスト役をしていた「月曜から夜更かし」など、テレビで紹介されたりしましたしね。

パワフルな虎、コアラの中のコアラ、好感を持たれる狼・・・といった表現で紹介されたこともありますし、ブラックの猿、ゴールドのペガサス・・・のように、カラー分類で紹介されたこともあります。

いまはどちらかというと、カラー分けの動物占いの方が有名なのかもしれませんが。

ところで、そもそも、動物占いも、誕生日占い、星占い、四柱推命、等々、昔から使われている占術と、同じ種類の手法なわけで、その根底にある魅力は、占い好きにとっては興味をそそられるものです。

この動物占い、もともと、個性心理学としてまとめられたものを、動物で表現したものであって、統計学的な占術と、心理学の要素を組み合わせたもの、ということも言えると思います。

動物占い、個性心理学のことを知っている人の中で、どれだけの人がご存知なのかわかりませんけれども、動物占い、個性心理学のコンテンツをいろいろ調べていくと、その内容が、ある一人の人の個性や性格を説明するだけのものでないことが分かります。

たとえば、ある動物キャラは、このキャラには弱い、とか、この動物は、ある特定の動物キャラに振り回される、といった、相関関係も表されたりしているんです。

なので、もし、恋人との関係、夫婦の関係、親子の関係、友達関係、先輩や上司との関係などなど、いろんな人間関係で、「どうしてこうなんだろう…」というようなを感じる人は、動物占い、個性心理学をちょっと詳しく勉強してみると、なにか新しい気づきが得られるかもしれません。

動物占いのキャラクターが12種類というところも、占星術でいうところの12星座占いを思い起こさせる感じもあります。

いろんな占いで鑑定してみる、っていうのも面白いのかもしれませんね。

人間関係で「困ったな…」と思ったとき、動物占いで少し気が楽になったりします。

かつて一世を風靡した動物占いですが、ここ数年の間で、「進化版動物占い」とか「新堂宇物占い」「動物キャラナビ」「個性心理学」とかという呼ばれ方をして、また注目されていましたね。

昨年の27時間テレビでは「さんま・中居の今夜も眠れない」で取り上げられたり、「月曜から夜更かし」では、マツコデラックスと関ジャニの村上くんが紹介していたりしていたので、知っている人も多いと思います。

一番初めに動物占いが流行ったときは、こじか、たぬき、ひつじ、狼、虎、ライオン、ゾウ、猿、コアラ、チーター、黒ひょう、ペガサス、の12種類の動物に当てはめるものでしたが、いま取り上げられているのは、この12種類の動物に、カラー分類ができていたり、性格を表す言葉がついたりして、トータルで60種類の性格に分けられているものです。

生年月日さえわかれば、60パターンのどれに当てはまるのか、その人の性格を知ることができるわけです。

ところで、誰しも大なり小なり、人間関係、対人関係で困ったことがあったり、悩みを持っていたりということはあると思うのですが、そういうときに、ちょっと動物占いで鑑定してみるというのは、実は思いのほか、気持ちが楽になるというか、ふっとストレスが緩和されることがあるものです。

どうして人間関係に疲れたり、対人関係が面倒くさくなったりするのかというと、違うタイプや、自分が理解できない対応をしてくる人と接するから、とも言えると思います。

そうは言っても、学校であったり、職場であったり、もっと言うなら家族であっても、人と全く関わりを持たずに生きていくというのは、ほとんど不可能に近いことのようにも思います。

そして、ストレスというのは、自分が理解できないから、ということから生じるものでもあります。

心理学的にも、ちゃんと意識できるものであれば、人はそれほど負担に感じなかったりすると言われます。

分からないものに対してストレスを感じる、とも言えるかもしれません。

「あの人と顔を合わすたびにしんどい」
「なぜあの人は自分に対してそんな態度をとるんだろう」
「そんな言い方しなくてもいいのに」
・・・
といったことを思っている人、そういう状況に置かれている人は、その人のことを、動物占いで鑑定してみるというのは、ひとつ試してみる価値があることだと思いますね。

占いって「当たるも八卦・当たらぬも八卦」なんて言われることもありますが、鑑定結果に「あっそういう性格だからこういうこと言うんだ!」みたいに、しっくりくる、納得できることが見つかると、不思議と方の力が抜けるような部分があるものです。

悶々としているだけでは、ネガティブ思考に陥ってしまうことが多いので、とりあえず、動物占い、試してみてはいかがでしょう。

ちょっとした風通しにはなるのではないかと思いますよ。

あまり見ない連ドラですが「東京タラレバ娘」はどんな仕上がりに!?

あんまり普段はドラマって見ないんですけど、たまたま見はじめて、ついつい先が気になった最近のドラマでは、北川景子主演の「家売るオンナ」。

個人的には、ちょっとドタバタ感があり過ぎかなぁとか思ったのですが、ウィッシュ♪DAIGOとの結婚で話題になりましたが、結婚してから初の主演ドラマということで、注目を集めたみたいです。

そんな北川景子さんは・・・

1986年8月22日生まれ、「頼られると嬉しいひつじ」
「頼られると嬉しいひつじ」の性格診断

多少のことでは目標を諦めない強さを秘めています。世話好きで、頼まれ事は断れないタチで、世のため人のために生きたいと考える、正義感のある情熱的な人です。優しくボランティア精神を持っていて、助け合いに幸せを感じます。しっかり者で、合理的な計画を立てることができ、ここぞというときに持ち前の能力を発揮できます。自分なりの価値観を持ちつつ、客観的な判断をします。相手の価値観を認めながら、まずは信じることから付き合いを始めます。

「家売るオンナ」は先日、最終回を迎えて終わってしまいましたが、今度注目かなと思っているのが、東村アキコの漫画「東京タラレバ娘」がドラマになるんですよね。

気になる主演は、吉高由里子さんだそうです。

東村アキコさんの漫画は、かなり面白いので、ドラマでどういう形でアレンジされるのかも関心が湧きますね。

主人公の凛子、いや、主演の吉高由里子さんの動物占いは・・・
1988年7月22日生まれ、「どっしりとした猿」

「どっしりとした猿」の性格診断
強い自我を持っており、自信のある人で、探求心、研究心の強さで右に出るものはなかなかいません。周りの人の対する気遣いができ、要領もよく、うまく立ち回ることができるタイプです。見た感じは穏やかそうな人が多いですが、実は、とても情熱的で、あらゆることに全力でぶつかっていくエネルギーを持っています。自分の信じるものがすべて、と考えがちな頑固な一面もあるようです。

吉高さん、見かけとは違い?なかなかパワフルな方なのかもしれませんね。

「東京タラレバ娘」どんな仕上がりになるのか楽しみですね!

SMAP解散のニュース、影響すごい・・・やっぱり国民的アイドルなんですね。

SMAP解散・・・

やっぱりさすがは国民的アイドルのSMAP、連日ネットでもテレビでも取り上げられていて、その影響が計り知れないことを物語っているようです。

年末に解散・・・ということが言われていますので、まだまだこれからもいろいろと言われるのでしょうね。

さっそくウィキペディアにも、「2016年12月31日をもって解散」という情報が掲載されていました。

いろいろと、SMAPメンバーの関係性が言われていて、情報が錯綜するところではありますが、動物占いという固定した鑑定で見てみるのもひとつのアプローチかもしれませんね・・・

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

中居正広、1972年8月18日生まれ「デリケートなゾウ」
親分肌で、人とは腹を割った付き合い方をするので、信頼度が高く、どこにいてもリーダーシップをとって輪の中心的存在になります。周りに気を遣い過ぎるところも。プロ意識が高いため妥協は絶対に許しません。常に目標に向かって努力をすることが好きで、不言実行タイプです。流行や世間の動きに敏感に反応し、最善の道を選択、コツコツと着実に成果を上げていきます。

木村拓哉、1972年11月13日生まれ「サービス精神旺盛なコアラ」
フランクで身近さを感じさせる面がありつつ、気品と教養を感じさせる人です。何ごとにおいても、直感と実践を尊重、行動的な性格でありつつ、要領の良さが加わって、どんなことも素早く習得してしまいます。自分には厳しいところがあり、世俗的な欲望には無関心。スジが通らないこと、権威主義をハッキリ嫌う反骨精神を持ち合わせていて、強い闘争心を秘めています。いくらか神経質できれい好きなのは長所ではありますが、それを周囲の人に強要するところは欠点でしょうか。人に頼まれるとイヤとは言えない人情家でもあります。

稲垣吾郎、1973年12月8日生まれ「どっしりとした猿」
どんなことをやっても器用にこなせるタイプ。楽天家でもあり、あらゆることをゲーム感覚で楽しめます。独特の鋭いカンで、世の中の流れを先取りします。臨機応変な対応ができ、素早い行動が自信となって態度に表れます。人生に対しても、とても意欲的、野心的でもあり、いちばん効率のよい方法を選択する能率主義者でクールな人です。

草彅剛、1974年7月9日生まれ「品格のあるチーター」
社交上手で気さくな性格、誰とでも打ち解けることができる朗らかな人です。常に細やかな気遣いをして相手の気持ちを素早く読み取ります。さらに、相手には知られないようにしながら配慮することができます。とはいえ、その内面ではプライドが高くて勝気、人の好き嫌いも実はハッキリしています。突然ひらめいて独特のアイディアを出したと思えば、目標達成のために後にひかない精神力があります。また、人から何か頼まれると断れないお人よしでもありますが、あわてん坊なところがあるのが難点です。

香取慎吾、1977年1月31日生まれ「穏やかな狼」
誇りを高い孤高の精神を持っています人です。正義感が強くて素直さのためかか、ズケズケと物を言いすぎてしまい相手を傷つけてしまう場合もあるようです。本当は明るくて天真爛漫、義理堅い、面倒見がよい、人に尽くすことが大好き、といった性格です。人から頼み事をされると断れずに何でも引き受けてしまい、ときに利用されてしまうことも。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

なんとなく個人的にはテレビ越しで見るSMAPメンバーのイメージと合っているような感じがします。

今となっては切ない状況かもしれませんが、それぞれの今後の活躍に期待したいと思いますね。

動物占い「ペガサス」の親友とストレスを感じる人

動物占いの「ペガサス」の人が、親友だと感じるキャラとストレスを感じてしまうキャラは?

「ペガサス」の親友となりやすい動物占いキャラは「チーター」

センスの良いことが大好きで、いつも刺激を必要としているペガサス、対して、常に恰好つけていたいタイプで、新しいものが大好きなチーター。

この組み合わせは、出会ったときに火花が走る!なんていうこともあり得ます。

気分屋のペガサスと、火がついたら突き進むチーターなので、好奇心の向く方向が同じであれば、楽しいことだらけです。

ペガサスからすると、結婚相手としては、チーターよりももっとどっしり感のある人がいいかな、などと思ったりしますが、チーターとは遊ぶことが大好きな仲良し友達カップルになります。

ペガサスは、恋人の心がこちらに向いて入ればOKなので、チーターが少々浮気をしたとしても、自分が束縛されることを考えると、逆に好都合であったりもするようです。

「ペガサス」のストレスを感じやすい動物占いキャラは「黒ひょう」

感受性が強く、センスの良い黒ひょうは、情緒的な話題やアートなことを話せる、ペガサスにとっては数少ない相手です。

ペガサスは、内面はナイーブなのに虚勢を張っている黒ひょうのことを理解している気分になり、恋に落ちることもあります。

ですが、黒ひょうの、お人好しで、いいカッコしぃで、人の黒馬でしょい込んで、影でクヨクヨとこだわったり、世話焼きが膨らんで何かと指図してくることに、ストレスを感じ始めます。

黒ひょうからしても、ペガサスは好きなのですが、邪魔だと感じるになりがちです。

それぞれの性格を詳しく見るにはこちらのページへ♪
ペガサスの性格
チーターの性格
黒ひょうの性格