動物占いのキャラクター

動物占いのキャラクターは、動物の種類としては12種類ですね。

オオカミ、こじか、サル、チーター、黒ヒョウ、トラ、ライオン、ゾウ、コアラ、タヌキ、ヒツジ、ペガサス。

ペガサスだけ架空の動物ですが、実際の動物占いで分析される性格を見てみると、なるほどそういうイメージかぁと納得できる感じです。

動物占いという呼ばれ方で有名ですが、創始者の先生は、個性心理学と名付けていて、それを分かりやすく親しまれやすい形にしたのが、私たちがよく聞く動物占いです。動物占い=個性心理学ということで良いと思います。

人の性格の鑑定に使われる動物をあげましたが、最新版動物占いは、これらをさらに4つか6つのタイプに分けて、全部で60種類のキャラクターで性格診断ができるようになっています。

それぞれが5つずつではないところが私なんかは、へぇ~なんでだろう?と思いますけど…。

もともと、12とか60というのは、占星術やその他の様々な占いなどでも、周期を表す数字なのだそうですね。太陽系の星のどれだったか忘れましたが、公転周期が12年とか60年とかがあったと思います。

そういえば、干支なんかは12種類で、時計も60進法ですし、午前午後はそれぞれ12時間だったりします。

12や60を主な単位と考えるときには、動物占いにおけるタイプ分けが、4あるいは6というのは、割り切れる数字なので意味がありそうに思いますね。

動物占いで相性鑑定!

動物占いは、個性心理学の考え方を親しみやすい動物キャラクターを用いることで形づくられた性格鑑定の手法なのですが、その真骨頂は、実は相性占いができることではないかと私は思っているのです。

動物占いと聞くと、性格診断、性格鑑定というイメージが強いように思うのですが、確かに個性については、動物キャラに当てはめることで分かりやすく、かつ詳細に分析された内容があります。

ですが、その個性同士の関係性、すなわち相性が見えることを知らない人が多いように思うんです。

動物占いは知っているのに、相性を占いできることを知らないのは、もったいないことだと思います。

しかも、恋愛についてのコンテンツも多いので、彼の生年月日、もしくは、彼女の生年月日さえ分かれば、二人の相性を占うことができるわけです。

それに、相性が良い悪いということだけではなくて、恋愛としてのベストパートナー、結婚相手としての相性の良し悪し、また、それぞれの動物キャラ同士の力関係、どう接すると相手が喜ぶことが多いか、嫌がることが多いか…などなど、まるで、試験の傾向と対策みたいな内容も分かってくるんです。

ひとくちに相性占いができる!といっても内容は深いのですが、動物占いをやるなら、彼氏、彼女との相性、恋愛、結婚の相性なども見ておきたいところです。

動物占い、個性心理学は、恋愛、結婚なども含めた、人間関係の参考書という感じだと思います。

60種類のタイプ分けの動物占い

動物占いは12種類の動物に当てはめて人の性格を鑑定するもので、個性心理学というふうにも呼ばれています。

最新版の動物占いでは12のキャラをさらに60種類に分けていることで、個性、性格をより細かく分析することができます。

人の個性が分かってくると、人同士の関係性、相性も見えてくるわけで、60種類のタイプ分けがあるということは、60×60=3600通りの相性が存在するわけですね。

ただ、分類といっても、人の気持ちや心の問題というのは、一律的に論じることはできないだろうと思うので、絶対的な論理は成り立たないとも思います。

ただ、動物占いは、すごく細く性格が描写されていて、傾向をつかむのにはなかなか興味深いものです。

私は、オオカミだったのですが、かなりいいところを突いていふように思います。嫁さんに調べてもらったのですが、彼女も私が狼だったことで、狼の説明を読んだようですが、当たるもんだと感心していました。

動物占いは、そのネーミングからして、親しみやすい、楽しい感じのものですが、その内容は調べれば調べるほど深いものがあるので、なかなかマスターするまではいかないくらいです。

何と言っても、個性を深く見つめ直すことができるのと、相性についてもたくさん情報が詰まっているので、人間関係でつまずいてしまっているとか、恋愛関係で悩み事を抱えてしまっているとか、そんな人たちにも、何かのヒントを与えてくれる人間の参考書のような役割を果たしてくれそうです。

動物占い、実は内容が相当深い

動物占い、動物キャナビとして知られる、個性心理学ですが、これめちゃくちゃ内容が豊富ってことがどれだけ知られているでしょうかね。

私自身もそうですけど、自分の生年月日から計算できる数字で、動物キャラに当てはめることで、自分の動物がわかる仕組みになっていますよね。たぶん、動物占いの楽しみ方の一般的なところは、ここまでじゃないでしょうか。

自分がどの動物でそれがどんな性格を表しているのかというのを見るだけで、結構面白いものです。じゃあということで、一緒にいる家族であったり、友達、恋人、片思いの相手とかを調べてみるってことはやるでしょうね。

当たる当たらないなんて言いながら、話のネタには持って来いの動物占いの使い方があると思います。

個人個人のことであっても、よくよく調べていくと、自己発見できるところまで行けるほどの深い分析がされているんですよ。

もともとが四柱推命を始め、古来から伝わる占術をベースにしつつ、現代に合うように再構築されたものが動物占いなわけですが、その情報量は、実は心理的に深い部分にまで掘り下げることができる内容なんです。

動物占い、動物キャラナビ、個性心理学をよくよく知ると、本当にいろんな、人というもの、それらの関係性などの、たくさんの発見があると思います。

人との関係で悩むことが多い方なども気軽な感じで動物占いを始めてみると何かヒントが得られるんではないかと思います。

動物占い、動物キャラナビは個性心理学と言うそうです

個性心理学と聞くと何やら難しい学問みたいな感じに聞こえますが、動物占い、動物キャラナビと言われると、ああアレね、と急に親しみやすいイメージになりますね。

そう、人の性格、個性を12種類の動物で言い表した、当時流行った動物占い。それが最新、といってももう数年経つでしょうか、最新動物占いとして、さらに細かい分類になって再登場しているわけです。

性格を表すキャラクターは、なんと60種類になってパワーアップしています。60種類というと、学校で例えたら、クラスの全員の数以上あるんではないでしょうか。そう考えるとすごい情報量、細かい分析によって分けられたんだなぁということが推測できます。

ところで、個性心理学という呼び方、動物占い、動物キャラナビというのは、個性心理学という学問体系を、より一般に親しみやすく言い換えたものなわけです。性格の分類を動物キャラに当てはめることでグンとイメージしやすい形になっていると思います。

ちなみに私、好感を持たれる狼、らしいのですが、今日2015年4月8日は、60種類の中でいちばん運勢的には良かったようです。それだけでちょっと嬉しい1日になります。

個人の性格だけでなく、人同士の相性も鑑定できる動物占い、調べてみるとなかなか奥が深いものですので一度お試しあれ(^^)